【主催事業】再生可能エネルギー交流会~震災の経験から伝えるエネルギーシステムのあり方と再生可能エネルギーの役割~(11/4・広島県) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【主催事業】再生可能エネルギー交流会~震災の経験から伝えるエネルギーシステムのあり方と再生可能エネルギーの役割~(11/4・広島県)

●3.11の経験から生まれた議論
 2011年3月11日に発生した東日本大震災で、私たちはライフラインが断たれるという社会的混乱を経験しました。そんな中、地域で自活できる再生可能エネルギーが非常時に機能したことで、東北地方ではその認識が、環境面から社会的リスク軽減へと趣を変えつつあります。
 EPO東北ではこの流れを受けて、平成23年度より再生可能エネルギーを実践する各団体と、「災害時にエネルギーシステムの何が機能し、何が機能しなかったのか」の検証や「東北地方におけるエネルギーシステムのあり方」について議論を重ねてきました。
●社会的リスク軽減の視点
 これからのエネルギー政策は、「環境対策」「経済性」「エネルギーセキュリティ」のバランスを取りながら推進していくことが課題であり、それらを達成して持続可能な地域を構築するうえで、再生可能エネルギーの活用は重要です。加えて、全国の各地域で再生可能エネルギー・省エネルギーを推進し、分散型・自立的なエネルギー供給体制を構築するにあたり、社会的リスクの軽減を含めた視点を持って取り組んでいくことが大切だと考えます。
●東北からのメッセージ
 今後発生が予想される南海・東南海地震等に対する備えとして、3.11を教訓とした東北地方の経験とメッセージを中国地方の方々に伝えたいと思っています。
 そして再生可能エネルギーを推進している各主体が、それぞれの経験や知恵を交換することを通じて、各地で東日本大震災の教訓を活かした持続可能な地域づくりを促進することを目的として、再生可能エネルギー交流会を開催します。

【日  時】
2013年11月4日(月・祝)13:00~16:30

【場  所】
EPOちゅうごく(広島市中区八丁堀16-11 日本生命広島第二ビル2F)

【主  催】
EPOちゅうごく、EPO東北

【協  力】
EPO九州

【対  象】
再生可能エネルギーを推進している、持続可能な地域づくりに取り組んでいるNPO・事業者・行政・研究者など

【定  員】
20名(先着順)

【参 加 費】
無料

【ゲ ス ト】
●新妻弘明氏(東北大学名誉教授、日本EIMY研究所 所長)
 1975年東北大学大学院工学研究科電気及通信工学専攻修了。工学博士。電気・電子計測、地下計測、環境計測、地熱エネルギー利用技術、再生可能エネルギーに関する研究に従事。エネルギーの地産地消であるEIMY(Energy In My Yard)の概念を2002年に提唱し、その実現のための実践的研究を、岩手県、宮城県、福島県、長野県などで行っている。
●菊池満氏(社会福祉法人盛岡アビリティセンター)
 福祉施設などでつくる「いわてバイオディーゼル燃料ネットワーク」の中心として、循環型社会の構築に貢献。不況で請負事業が減少する中、障害者の収入につながる新たな授産事業として期待されている。
●金子幸次氏(いわて生活協同組合)
 3.11の大震災直後の燃料がない中、いわて生協ではBDFを確保して被災地支援を行った。この活動が「低炭素杯2012」で特別賞、「東日本大震災被災地貢献活動賞」を受賞。
●武内賢二氏(株式会社ソーラーワールド)
 自然エネルギーの専門家として山形県天童市を拠点に事業を展開。「身近なエネルギーを一緒に作ってみませんか?」を合言葉に、太陽光、太陽熱温水器、雨水利用、風力発電等、環境にやさしい商品を多数取りそろえ、多方面にエコライフを発信している。

【プログラム】
13:00~ 開会、あいさつ、オリエンテーション
13:15~ 東北ゲストからのメッセージ(情報提供)
15:00~ 意見交換
16:00~ まとめ
16:30  閉会

【お申し込み方法】
氏名・所属・住所・電話番号(あればFAX・メールアドレス)を明記の上、電話・FAX・メールのいずれかでお申し込みください。
<申込締切>11月1日(金)まで

【お問い合わせ・お申し込み先】
環境省中国環境パートナーシップオフィス (EPOちゅうごく)
〒730-0013 広島市中区八丁堀16-11 日本生命広島第二ビル2階
TEL:082-511-0720
FAX:082-511-0723
E-mail:info@epo-cg.jp

saiseikanou_Aside←画像クリックでPDFファイルが開きます

* * * * *