【公募】平成31年度湖沼底層溶存酸素量・沿岸透明度改善モデル事業の募集について(1/30締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【公募】平成31年度湖沼底層溶存酸素量・沿岸透明度改善モデル事業の募集について(1/30締切・全国)

環境省では「湖沼水環境新規基準対策検討事業」の一環として、底層溶存酸素量・沿岸透明度の指標設定に伴う対策検討に資するため、地方公共団体を対象に「湖沼底層溶存酸素量・沿岸透明度改善モデル事業」を委託実施しており、今般、本モデル事業の平成31年度の委託先を選定するための公募を行います。

【受付期間】
平成31年1月9日(水)~平成31年1月30日(水)

【公募対象団体】
応募可能な団体は、地方公共団体とする。

【提出書類】
モデル事業の実施を希望する地方公共団体は、別紙「平成 31 年度湖沼底層溶存酸素量・沿岸透明度改善モデル事業応募申請書」により作成するものとする。

【提出期限】
平成31年1月30日(水)17時

【提出方法】
申請書の提出については、郵便または、E-mail にて送付し、その旨を電話で環境省に連絡するものとする。なお、提出を確認した後に、環境省から受領の連絡を行う。

【提出部数】
郵便の場合は、9部を提出する。(電子情報の場合は、1部)

【提出先】
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省 水・大気環境局 水環境課 山田 匡
TEL:03-5521-8315 FAX:03-3593-1438 E-mail: MIZU13@env.go.jp

【添付書類】
平成31年度湖沼底層溶存酸素・透明度改善モデル事業 公募要領 [PDF 193KB]

【問い合わせ先】
担当部課:環境省 水・大気環境局水環境課
TEL:03-5521-8315
FAX:03-3593-1438
E-mail: MIZU13@env.go.jp
※ 公募に関する問い合わせについては、平成31年1月23日(水)までに書面(様式自由)を FAX または E-mail にて、環境省(提出先と同様)に送付するとともに、電話連絡を行うこと。
※ 問い合わせの回答については、問い合わせ者に対して、平成31年1月28日(月)までに環境省から E-mail で行うものとする。

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/water/kosyou/nd/h31_01.html

* * * *