【募集】環境報告ガイドライン2018年版(案)に対する意見の募集(6/8締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【募集】環境報告ガイドライン2018年版(案)に対する意見の募集(6/8締切・全国)

環境省では、「環境報告ガイドライン2012年版」が公表されて以降の、SDGsの採択やパリ協定の発効など、持続可能な社会への移行を推進する国際的な枠組の変化を受けた環境情報の開示要請の変化を踏まえ、「環境報告ガイドライン2018年版(案)」を取りまとめました。

これにつきまして、広く国民の皆様から御意見をお聞きするため、パブリックコメントを実施します。

【改定ポイント】
1.国際的な規制・実務動向と整合的な環境報告の枠組とする。
2.報告の自由度を高めるため、ガイドライン自体はコンパクトにする。
3.従来型の環境マネジメント情報に加えて、事業者の組織体制の健全性(ガバナンス、リスクマネジメント等)や経営の方向性(長期ビジョン、戦略、ビジネスモデル)を示す、将来志向的な非財務情報を報告事項とする。
4.事業者が「事業活動が直接的・間接的に環境に与える重要な影響」を自ら判断して、対応すべき事業者の重要な環境課題について報告を求める。
5.環境保全のためのコスト等を貨幣単位で定量的に認識・測定・伝達するという、環境会計(「環境会計ガイドライン2005年版」)の考え方をガイドラインに取り込む。

【募集期間】
平成30年5月8日(火)~平成30年6月8日(金)17:00まで

【提出方法】
別添1「意見募集要領」に沿って郵送、ファクシミリ又は電子メールにて提出してください。

【添付資料】
意見募集要領(別添1)
環境報告ガイドライン2018年版(案)(別添2)

【募集締切】
平成30年6月8日(金)17:00まで
※郵送の場合は当日消印有効

【応募・問い合わせ先】
環境省 大臣官房 環境経済課 企業行動係
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-5521-8229
FAX:03-3580-9568

【詳細・リンク】
詳しくはこちら→ http://www.env.go.jp/press/105454.html

* * * *