【補助金】平成26年度広島県廃棄物排出抑制・リサイクル施設整備費補助金(4/11締切) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【補助金】平成26年度広島県廃棄物排出抑制・リサイクル施設整備費補助金(4/11締切)

【注意事項】
この公募は,平成26年度予算が成立することを前提とした内容になっています。
公募開始時点では,平成26年度予算は成立していません。今後の状況により,この内容が変更となる可能性がありますことをご了承のうえ,応募してください。

 (1)事業の目的
広島県では,広島県産業廃棄物埋立税条例(平成14年条例第26号)による産業廃棄物埋立税の税収を充て,資源循環型社会への転換を進める上において効果が大きいと認められるリサイクル施設等の整備に要する経費の一部を助成します。

(2)補助対象施設
次に掲げる施設でなければなりません。
ア 廃棄物排出抑制・リサイクル施設は,次に掲げる要件を備えること。
◎廃棄物の排出抑制,減量化,リサイクルの効果が高いものであること。
◎新たに設置又は改造する施設であること。
◎目的を同じにする他の補助制度の対象施設でないこと。
◎施設の中核的技術やリサイクルシステム等において,先進性を有するものであること。
◎県内への波及効果及び県内における廃棄物の減量化効果が高いものであること。
◎県内での産業廃棄物の排出抑制,減量化又はリサイクルの促進に資するものであること。
◎計画取扱廃棄物量のうち,広島県内で排出された廃棄物が1/2以上(重量)を占めるものであること。
◎処理に伴い発生する環境負荷について,その低減のための十分な配慮がなされていること。
◎焼却,溶融及び脱水等による廃棄物の処分を主たる目的とするものでないこと。

イ リサイクル推進施設は,次に掲げる要件を備えること。
◎新たに行う取組であること。
◎県内で生産されたリサイクル製品の利用促進の効果が高いものであること。
◎目的を同じにする他の補助制度の対象施設でないこと。
◎施設の稼動又は使用に伴う環境負荷の低減のための十分な配慮がなされていること。

※ びんごエコ団地(福山市箕沖町106番の一部)において整備される施設については,この補助金による助成対象ではありません。

(3) 補助対象者
次に掲げる要件をすべて満たしている者とします。
◎広島県内で次に掲げる要件をすべて満たす事業(以下「補助事業」という。)を行う者であること。
○補助対象施設を整備するものであること。
○当該施設の整備完了後,直ちに事業化できるものであること。
○補助事業のうち補助対象施設の整備(施設の敷地となる土地の取得,賃貸,造成及び補償を除 く。)に必要な経費のうち,補助金の交付の対象として知事が認める経費について,募集要領の別表に定める補助対象経費の費目ごとに算定した額の合計額(以下「補助基本額」という。)が,廃棄物排出抑制・リサイクル施設の申請を行う場合は,3,000万円以上のもので,リサイクル推進施設の申請を行う場合は,1,500万円以上のものであること。(リサイクル施設等整備共同推進事業※の場合は,一の補助事業ごとに算定した補助基本額の合計が3,000万円以上のものであること。)
○県内に事務所・事業所を持ち,補助対象施設を用いてリサイクル事業等を行う者であること。
○廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第14条第5項第2号イからヘの各規定に該当しないこと。
○県税の滞納等法令に抵触し助成が適当でないと認められる事業者でないこと。
○事業を安定かつ継続して実施できる見通しがあること。

※リサイクル施設等整備共同推進事業

 一定の組合及び任意団体等(以下「団体等」という。)に属する会員企業(=補助事業者)がリサイクル施設等を整備する場合で,募集要領に定める要件に該当するときは,会員企業に代わり,団体等が提案することができます。ただし,補助事業者は全て,中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条の中小企業者でなければなりません。

(4) 補助対象経費等
◆補助対象経費:本工事費,付帯工事費,調査費及び機械器具費
◆補助率:補助対象経費の3分の1以内
 (びんごエコタウンモデル地域内は,3分の1に5%を加えた率以内)
ただし,排出抑制・リサイクル施設の稼動に伴うCO2排出量の削減効果が高い施設については,そのCO2排出削減関連設備の整備に係る補助率を2分の1以内とする。
◆補助金額:
 (1)廃棄物排出抑制・リサイクル施設:1億円以内
※リサイクル施設等整備共同推進事業は,一の補助事業ごとに算定した補助金の額の合計が1億円以内
 (2)リサイクル推進施設:5,000万円以内

2 予算額
2億円

3 補助対象となる事業期間
交付決定日(平成26年6月(予定))から平成27年3月31日までの間に,リサイクル施設等の整備に着手し,完了しなければなりません。

4 応募方法
平成26年3月7日(金)から平成26年4月11日(金)午後5時15分までに,広島県廃棄物排出抑制リサイクル施設整備費補助金平成26年度公募要領に定める様式により,「平成26年度広島県廃棄物排出抑制・リサイクル施設整備費補助事業提案書」及び関係書類を作成し,県へ提出してください。

【当日必着】
※応募された提案については,広島県が外部委員等で構成する審査委員会において,補助金交付の採択又は不採択を審査します。

5 公募要領及び提出様式のダウンロード
公募要領 (PDFファイル)(381KB)
提出の際の注意事項 (Wordファイルはホームページよりダウンロード)

詳しくは広島県ホームページまで

* * * * *