【助成金】緑の募金公募事業 一般公募事業(3/31締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【助成金】緑の募金公募事業 一般公募事業(3/31締切・全国)

【対象事業】
◇ 複数の都道府県にわたるなど広域的な見地から事業効果の波及が期待される以下の活動。
❶ 森林の整備または緑化(植栽・下刈・除代・間伐・歩道整備等の作業)を行う事業。
❷ 緑化推進を目的とするイベントの実施で、広く「国民参加の森林づくり」について働きかけができるもの。
❸ 川上と川下の連携や、広く一般参加を呼びかけて行う森林整備等。
❹ 国民参加の森林づくりの観点から次世代の育成やリーダーの育成に資する森林の整備、および保育所・幼稚園・学校等の園庭・校庭等の緑化の推進。
❺ 間伐材等の利用・加工を行うなど、森林循環の促進に通じる森林の整備。
❻ その他、上記に準ずる森林の整備または緑化の推進を目的とする事業、イベント等。
■ 年間助成額(1事業あたりの上限額):200 万円

一般公募事業  国際緑化
◇ 海外で行う以下の活動。
❶ 砂漠化防止や熱帯林再生のための森林の整備。
❷ 土砂流出防止・水源かん養・薪炭林造成等のための森林の整備。
❸ 公園・学校への植樹等による緑化の推進。
❹ 苗畑整備・育苗や緑化の推進に資する苗木の配付。
❺ 山火事防止等の森林パトロール、被害調査等の森林保全管理。
❻ その他、上記事業に付帯するセミナーや給水施設整備等。
■ 年間助成額(1事業あたりの上限額):300 万円

【応募制限】
❶ 自主的、組織的な活動で事業を完遂できること。
❷ 交付金の使途に係る条件遵守が確実であること。
❸ 営利を目的としない民間団体で、次の1から5の要件をすべて満たしていること。
1. 定款、寄付行為に準ずる規約を有すること。
2. 団体の意思を決定し、要望に係る活動を執行する組織が確立していること。
3. 自ら経理し、監査することができる会計組織を有すること。
4. 活動の本拠としての事務所を日本国内に有すること。
5. 反社会的勢力ではないこと。

【応募方法】
募集要項参照

【応募期間】
2019年2月15日~2019年3月31日(日曜日)※当日消印有効

【問い合わせ先】
公益社団法人 国土緑化推進機構
募金担当:日高/箕輪
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館5F
TEL:03-3262-8457
FAX:03-3264-3974
E-mail:bokin@green.or.jp

【詳細・リンク】
http://www.green.or.jp/cms/wp-content/uploads/9efe1286778b99eb612fb7c43e7a5b89.pdf

* * * *