【イベント】《まち》と《なりわい》 地元プレーヤーによる地域のなりわい創りと古民家・空き家など地域資源の活用(8/2開催・鳥取) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【イベント】《まち》と《なりわい》 地元プレーヤーによる地域のなりわい創りと古民家・空き家など地域資源の活用(8/2開催・鳥取)

これからの働き方を考えるとき、利益を重視した仕事に就くのではなく、自分のスキなことや、地域の将来を担う子ども達が憧れる《なりわい》を自らが創っていく事を選択する人が増えています。今、日本全国でゲストハウスの開業が多いのもその一端ではないでしょうか。

ビジネスホテルや旅館では無く、ゲストハウスだから出せている魅力や人気。そういった、地域に根ざした「人が集まるゲストハウス」が旅人から選ばれる理由はなんなのでしょう。

また、そういった《なりわい》が実現しやすい《まち》とはどういったところなのでしょうか。

日本そして世界中の旅人から圧倒的な支持を得る、ゲストハウスの開業を数多くお手伝いしてきた、アースキューブジャパンの”あっちゃん” こと、中村巧芳(なかむら あつよし)さんを米子にお招きし、魅力的な《まち》や《なりわい》について、お話を伺いたいと思います。

【開催日時】
2018年8月2日(木) 19:00〜21:00(開場18:30)

【開催会場】
community.lab. 野波屋
(鳥取県米子市道笑町1-28 ※ダラズクリエイトBOX向かい)

【参加費】
1,500円(ソフトドリンク付)

【定 員】
30名

【参加申し込みはこちらまで】
メールアドレス:info@tottori-katsu.net
件 名:【参加申込】
本 文:
①参加者氏名(ふりがな)
②ご所属
③連絡先(電話番号とEメールアドレス)

【主 催】
家活とっとり
(とっとりの元気づくりプロジェクト西部チーム)
協力:とっとり県民活動活性化センター

【申込・問い合わせ先】
公益財団法人とっとり県民活動活性化センター(担当:谷)
電話:0858-24ー6460
Eメール:info@tottori-katsu.net

【詳細・リンク】
「中村功芳さんのはなし〜3年で52ヶ国12万人が訪れるまで〜」

* * * *