情報

環境省

<経済産業省、国土交通省同時発表>

1. 環境省、経済産業省及び国土交通省は住宅の省エネリフォーム等に関する新たな補助制度をそれぞれ創設し、ワンストップで利用可能とするなど、連携して支援を行います。

2. 環境省及び経済産業省は、既存住宅の断熱性能を早期に高めるために、新たに断熱窓への改修に対し補助を行います。

※ 事業の詳細は以下のURLから参照してください。
  https://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/building_insulation/window.html

■ 背景

 令和4年10月28日(金)に「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定され、家庭における省エネ投資を規制・支援一体型で促進し、住宅の断熱性の向上や高効率給湯器の導入などの住宅の省エネ化への支援の強化を行うこととされました。
 これを踏まえ、本日閣議決定された令和4年度補正予算案に、住宅の省エネ化への支援を強化するための新たな補助制度が盛り込まれました(今回の措置は、国会で予算が成立することが前提となります。)。

■ 各事業の概要

 環境省及び経済産業省は、既存住宅の窓(ガラス・サッシ)の断熱改修工事を支援する新たな補助制度を創設します(下記(1))。
 また、経済産業省、国土交通省及び環境省は、予算成立後に、住宅の省エネ化を支援する新たな補助制度を創設します(下記(1)~(3))。3省の連携によりワンストップで利用可能とするとともに、窓の断熱改修や高効率給湯器の設置、エコ住宅設備(高断熱浴槽等)の設置といった省エネリフォーム工事等への支援を実施します。

(1) 断熱窓への改修促進等による家庭部門の省エネ・省CO2加速化支援事業【環境省】、住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業 【経済産業省】(1,000億円)
○ 補助金は、断熱改修工事を行う事業者の申請に基づき、住宅所有者に補助金全額が還元されることを条件に、当該事業者に対して交付。
○ 高断熱窓(熱貫流率Uw1.9以下等、建材トップランナー制度2030年目標水準値を超えるもの等、一定の基準を満たすもの)への断熱改修工事に対して支援。
○ 工事内容に応じて定額を交付(補助率1/2相当等。1戸当たり最大200万円を交付。)。

(2) 高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金【経済産業省】(300億円)
○ 補助金は、エネルギー小売事業者、高効率給湯器の販売事業者、ハウスメーカー等による代理申請に基づき、給湯器導入者に対して交付。
○ 一定の基準を満たした高効率給湯器を導入する場合に支援。
○ 給湯器導入者に対して、機器ごとに設けられた定額を交付。
※ 詳細は以下のURLを御参照ください。
  https://www.meti.go.jp/press/2022/11/20221108001/20221108001.html

(3) こどもエコすまい支援事業【国土交通省】(1,500億円(新築住宅に係る分を含む))
≪新築≫
○ 高い省エネ性能(ZEHレベル)を有する新築住宅の取得に対して支援。
○ 子育て世帯・若者夫婦世帯を対象とし、1戸当たり100万円の補助金を交付。
≪リフォーム≫
○ 住宅の窓・壁等に対する一定の断熱改修や、一定のエコ住宅設備の設置等の省エネリフォームを行う場合に工事内容に応じた定額を支援。
○ 省エネリフォームや(1)(2)の工事を行う場合は、併せて行うバリアフリー化や子育て対応改修等に対しても工事内容に応じた定額を支援。
○ すべての世帯を対象とし、原則最大30万円を交付(子育て世帯・若者夫婦世帯の場合等に上限引き上げの特例あり)。
≪共通≫
○ 補助金は、事業者の申請に基づき、住宅所有者に補助金全額が還元されることを条件に、当該事業者に対して交付。
※ 詳細は以下のURLを御参照ください。
  https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000215.html

■ その他

○ 上記各事業とも、令和4年11月8日(火)以降に契約(新築若しくは改修・リフォーム工事に係る請負契約(上記(1)(3))、新築分譲住宅に係る売買契約又は高効率給湯器の売買契約の締結(上記(2)(3))等を行い、リフォーム事業者等が所定の手続きにより事務局(今後事業ごとに国が選定)の登録を受けた後に着工したものが対象。

問合せ先

〇 断熱窓への改修促進等による家庭部門の省エネ・省CO2加速化支援事業
  住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業関連
   環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室 五味、三富、内田
            電話:03-3581-3351(内線 9880)
               03-5521-8355(直通)
    経済産業省製造産業局生活製品課 高橋(淳)、山田、桝田
            電話:03-3501-1511(内線3761~4)
               03-3501-9255(直通)

〇 高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金関連
    経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部
    省エネルギー課 野間、田邉、峯尾
            電話:03-3501-1511(内線 4541~6)
               03-3501-9726(直通)
               03-3501-8396(FAX)

〇 こどもエコすまい支援事業関連
    国土交通省住宅局住宅生産課 松本、天艸(あまくさ)
           電話:03-5253-8111(内線 39463、39421)
               03-5253-8510(直通)
               03-5253-1629(FAX)

添付資料

別添1 3省連携による住宅の省エネリフォームへの支援の強化[PDF 147KB]
別添2 住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業等(環境省・経済産業省)の概要[PDF 469KB]
別添3 高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金(経済産業省)の概要[PDF 205KB]
別添4 こどもエコすまい支援事業(国土交通省)の概要[PDF 183KB]

【連絡先】

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8355

この記事のに関するお問合せ・申込

お問い合わせ先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
電話番号
03-5521-8355
公式サイト
トップへ