情報

環境省

 環境省では、現代のライフスタイルに合った温泉地での滞在方法を「新・湯治」と位置付け、この趣旨に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行っています。
チーム員間の情報交換等を通じ、自治体、団体、企業など、多種多様な連携が生まれ、温泉地において新しい取組が展開されることを期待しています。
 今般、チーム活動として、第11回目のセミナーを、「通い、滞在する居場所としての温泉地づくり」として開催します。

1.背景・目的

平成29年7月に自然等の地域資源をいかした温泉地の活性化に関する有識者会議において、現代のライフスタイルに合った温泉地での過ごし方が「新・湯治」として提案されました(「新・湯治の推進 -温泉地の活性化に向けて」http://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/index.html)。「新・湯治」は、温泉入浴に加え、周辺の歴史・文化、食などをいかした多様なプログラムを楽しみ、また、地域の人々との触れ合い等を通じて、温泉地で心身ともにリフレッシュすることと、温泉地を多くの人が訪れることで、温泉地のにぎわいを生み出していくことを目指しています。
環境省では「新・湯治」の推進の一環として、この趣旨に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化し、チーム員間の情報共有、意見交換を通じて温泉地でのこれまでになかった新しい取組の展開を促しています。
本セミナーは、チームの活動の1つであり、今回は「通い、滞在する居場所としての温泉地づくり」として実施いたします。

2.主催

環境省

3.日時

令和4年7月21日(木)14:00 ~ 16:30(予定)

4.開催形式

ハイブリット開催(東京会場+オンライン[Zoom])
東京会場:日本交通公社ビル 地下1階
    (〒107-0062 東京都港区南青山二丁目7番 29 号)

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、開催方法を変更する可能性がございます。

5.対象者

(1) 「チーム 新・湯治」チーム員(構成員含む。)
(2) 「チーム 新・湯治」への参加を検討している団体

6.開催概要

(1) 開会
(2) セミナーの趣旨説明、講師紹介
(3) 令和4年度「チーム新・湯治」の活動予定
(4) 発表1 「通い湯治」文化の担い手発掘に向けた協同調査
    講師: 藤本直樹 氏(株式会社JTB 京都支店 事業開発室)
(5) 発表2 現代社会における心の拠り所としての湯治場
    講師: 大沼伸治 氏(旅館大沼 五代目湯守)
(6) 発表3 SHIN 湯治 現代の新しい湯治場づくり
    講師: 関良則 氏(株式会社エスアールケイ 代表取締役社長)
(7) 講師を交えた参加者との意見交換
(8) 閉会
 ※  発表1~3については、各発表に対しての質疑応答を含みます。

7.参加申込方法

以下のURLに掲載されている参加フォームより令和4年7月19日(火)12:00までにお申し込みください。

【東京会場】
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mjsf-sfpcn-a2a6c02e155a2638ef2b2bfa8e8e4935

【オンライン】
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mjsf-lbmhpg-4d8476db76d8f16fc2e83e628c371b40

※ 取材希望の方も、上記URLを参照の上、お申し込みください。
※ 本セミナーは公開で実施します。

8.問合せ先

<本件受託者(事務局)>
公益財団法人日本交通公社 チーム新・湯治係(担当:後藤・守屋・磯貝・安谷)
TEL:03-5770-8440  FAX:03-5770-8359  E-mail:shintoji-seminar@jtb.or.jp

9.「チーム 新・湯治」チーム員募集について

「チーム 新・湯治」のチーム員を募集しています。参加費は無料です。申込用紙に必要事項を記載の上、下記宛先までメールにて御提出ください。なお、参加規約、申込用紙、パンフレット等は下記URLから御参照ください。

【チーム 新・湯治への参加方法】
http://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/spa_team.html

【申込先】
メール:onsen@env.go.jp
TEL:03-3581-3351 FAX:03-3595-0029
環境省自然環境局 自然環境整備課 温泉地保護利用推進室

添付資料

【チーム員名簿(令和4年5月31日現在)】[PDF 945KB]

【連絡先】
環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8280

この記事のに関するお問合せ・申込

お問い合わせ先
公益財団法人日本交通公社 チーム新・湯治係(担当:後藤・守屋・磯貝・安谷)
電話番号
03-5770-8440
公式サイト
トップへ