情報

環境省

1. 環境省と一般社団法人全国ペットフード・用品卸商協会および一般社団法人ペットフード協会が協力して行う「PET LIFE SUPPORT プロジェクト」では、ペットフードの「フードロス」削減と動物保護施設等へのサポートを両立させる試みを、神奈川県において試験的に開始します。

2. 将来的にこの試みを全国展開することを目指し、令和4年12月20日(火)より神奈川県内の5つの自治体を対象に試験的な運用が開始されます。

■ 詳細情報

(1) 趣旨

 ペットフードの関係業界では品質保持等のために、従来からペットフードの供 給状況を管理しており、賞味期限が近付いた商品を店頭から回収等し、これを廃棄することで、一定量の「フードロス」が生じていました。 今回、一般社団法人ペットフード・用品卸商協会と一般社団法人ペットフード 協会が立ち上げた「PET LIFE SUPPORT プロジェクト」では、このフードロスを極 力削減し、廃棄せず有効に利用するために、賞味期限が近くなったペットフード について、必要に応じて、自治体等が運営する動物保護施設等に無償で提供します。SDGs で大きなテーマとして掲げられている「フードロス」の削減と保護動物 の「命」をつなぐ活動をサポートすることで、動物愛護管理にも貢献することを 目的としています。

(2) プロジェクトの概要

一般社団法人全国ペットフード・用品卸商協会と一般社団法人ペットフート協会が立ち上げた「PET LIFE SUPPORT プロジェクト」では、参加するペットフード やペット用品のメーカー各社より、賞味期限が近くなったペットフードやペット用品などの商品情報を集積・管理し、その情報を登録された動物保護団体等へ提供します。動物保護団体から注文があれば、その商品がメーカーから発送され、 無償で提供される仕組みとなっています。
これにより、メーカー側はフードロスの発生を削減でき、その廃棄にかかっていたコストを抑えることが出来る一方、 動物飼養施設は必要な物品の無償提供が受けられるため、提供側と受け手側のニーズのミスマッチが起こりにくくなります。商品の配送は、ヤマト運輸が各メーカーの拠点から動物保護施設に直送します。
さらに、クレディセゾンの協力により、クレディセゾンの会員がポイントやカードにより子猫用ミルク等を購入し動物飼養施設へ寄附することも可能としており、ペットフード以外の動物飼養施設でのニーズも踏まえた内容としています。
今回はまず、神奈川県の5自治体(神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市)の動物飼養施設を対象に、神奈川県の横浜市・横浜市戸塚区・川崎市・相模原市・横須賀市の5拠点で試験運用を開始し、運用上の問題点の洗い出しな どを行いつつ、近い将来の全国規模での展開を目指します。

(3) 主催/協力団体等

主催:一般社団法人全国区ペットフード・用品卸商協会
一般社団法人ペットフード協会
協力:環境省

(4) プロジェクトサイト HP

>>  https://petlifesupport.com/ 

連絡先

環境省自然環境局総務課 動物愛護管理室
代表:03-3581-3351

この記事のに関するお問合せ・申込

お問い合わせ先
環境省自然環境局総務課 動物愛護管理室
電話番号
03-3581-3351
公式サイト
トップへ