情報

環境省

1.環境省では、親子が参加する自然体験を通じて、森里川海のつながりと生物多様性、私たちの生活について考えてもらうイベントを実施しています。

2.今回、エディブル・スクールヤード・ジャパンの協力のもと、オンラインイベントを開催します。

3.学校菜園を通して、パーマカルチャーを学び、日々の暮らしの中でできることを参加者と一緒に考えます。

4.募集概要を御確認の上、ぜひ御応募ください。取材を御希望の方は下記問合せ先まで御連絡ください。

■募集概要

○日時:令和4年1月14日(土)10時~12時
○会場:オンライン開催
○募集人数:親子15組(小学生のお子様とその御家族)
○参加費:無料
○応募締切:令和4年1月6日(金)
※先着順受付(締切日前に定員に達した場合は、その時点で締め切ります。)
応募等詳細につきましては、下記サイトを御確認ください。
https://www.jeef.or.jp/activities/mori-sato-kawa-umi/
※ 当日の様子は動画で記録し「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」に  
関連する広報等で使用させていただきます

■次第

○主催者挨拶 環境省 生物多様性主流化室長 浜島直子
○第1部   基調講演 エディブル・スクールヤード・ジャパン代表堀口博子氏/西村和代氏
○第2部   学校菜園等の報告
      ・都心ビル屋上の「Edible KAYABAEN」について 堀口博子氏
      ・ブルキナファソを大豆で元気に ADIMA星野紀子氏
      ・小学校と地域をつなぐ新しい畑「KAKEZUKA FARM」恵比寿新聞主宰高橋ケンジ氏
○質疑応答
○休憩    
○第3部   参加者による発表
      ・家庭菜園もしくは購入した旬の食材の紹介や美味しく食べる調理方法等を紹介(表現方法は問わず、1家族2分程度を想定。)
○第4部   講話
      ・長沢裕氏(仮題)「私と野菜」「野菜はどこから来るの?」
      ・養老孟司先生(仮題)「君の体は自分が食べたもので出来ているんだよ」

■お問い合わせ

(公社)日本環境教育フォーラム(森里川海係:京極・垂水)
メール: mori-sato-kawa-umi★jeef.or.jp (★を@に変更)
電話:03-5834-2897
受付時間10:00~17:00(土日祝を除く) *新型コロナウイルス感染対策としてテレワーク勤務が主体のため、原則メールにてお問い合わせください。

この記事のに関するお問合せ・申込

お問い合わせ先
(公社)日本環境教育フォーラム(森里川海係:京極・垂水)
電話番号
03-5834-2897
公式サイト
トップへ