EPOちゅうごくとは? 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

EPOちゅうごくとは?

EPOちゅうごく(環境省 中国環境パートナーシップオフィス)は、中国地域において環境保全の意欲を高め、環境教育やパートナーシップによる課題解決をめざして、NPO・市民・教育機関・企業・行政などの情報交換と交流の機会を提供する「環境活動の中間支援組織」です。

*

事業の三本柱

環境パートナーシップの推進

環境問題の解決に向けた意見交換会やワークショップなどを開催し、行政、市民、NPO、企業など様々な主体間での連携を促進します。
自らも協働取組の主体の一つとなって各地の行事に参画し、中国地域の環境に関わるネットワークの構築と、さまざまな主体間のパートナーシップ形成に取り組みます。

情報の収集・発信

中国地域の各主体との連携により、地域の環境に関わる情報を収集し、ウェブサイト、定期発行物、施設内の展示などを通じて、幅広く提供します。
環境省や全国EPO・GEOCと連携して、環境に関わる国レベル、あるいは国際的な情報を地域に向けて発信します。
同時に、中国地域における取組の状況や意見を国や他の地域につなぎ、地域課題の共有化や地域独自の視点を活かした政策提言などを推進します。

地域活動の支援

地域での活動について、関係機関と連携しながら来訪者等からの相談に対応し、課題解決に向けた方策や協働のあるべき姿を探求していきます。
オフィスの公開スペースを活動発表や意見交換などのための交流の場として提供し、環境保全活動に係る気軽な参画の機会を増やし、主体的に活動できる人材の育成に寄与します。

活動内容(事業内容)

環境教育等促進法の推進
環境教育等促進法に基づくパートナーシップによる環境保全活動を促進するための照会、相談、助言、制度活用の支援などを行います。
協働取組の支援・実践
多様な立場の団体を結びつけるコーディネーター(調整役)、各主体の問題意識や行動意欲を引き出すファシリテーター(促進役)として、協働取組の一端を担います。
県域を越えた意見交換・交流の場づくり
さまざまな立場の人の意見・情報の交換で、地域の課題解決や活動の活性化が期待されます。
ESD*の普及・啓発、人材育成
(*持続可能な開発のための教育)
「持続可能な社会」の実現のため、これまでの暮らし方を見直そう。「学びあい」と「実践」による「人づくり」を推進します。
講演会・勉強会・イベントなどの企画・運営サポート
アイデアはあるが、自分たちだけでは実現が難しい…そんな時こそ「協働」しましょう。
環境NPOなど環境活動団体・専門家の紹介・連携の仲介
私たちが持っている中国地域や国内のネットワークをご活用ください。
地域ニーズ把握のための調査、交流
他団体主催の会議・行事への参加やヒアリング・アンケート調査などを通じて地域の実情を把握します。
環境保全活動、協働取組事例の収集と紹介
各地の活動の現場で共有し、活用できるよう、事業を通して得た取組事例の「モデル化、一般化、見える化」を図ります。
書籍・視聴覚資料の収集・情報提供
環境問題の啓発や課題の解決の参考にご活用ください。
活動展示や会議・講習会などに使える多目的スペースの貸出
無料で気軽にご利用いただけます。
ウェブサイト・メールマガジン・情報誌による情報発信
セミナー・イベントの開催情報、公募・助成金情報、法制度や施策の動きなど、環境に関するさまざまなニュースを提供しています。
GEOC、地方EPOとの連携・協力
全国ネットワークによる共通業務を通じて、全国の環境保全活動事情の把握や、さまざまな政策につながる提案を行っています。

運営

平成29年度現在、EPOちゅうごくは、環境省中国四国地方環境事務所とNPO法人ひろしまNPOセンターとが協働して運営にあたっています。

* * * *