【共催セミナー】中国地方 SDGs・脱炭素セミナー(7/30開催・オンライン) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【共催セミナー】中国地方 SDGs・脱炭素セミナー(7/30開催・オンライン)

「中国地方 SDGs・脱炭素セミナー」開催のご案内

持続可能な社会を築くためには、SDGsの考え方を取り入れていくことが重要であり、近年、地方創生の中でSDGsに取り組む自治体も多く見られるようになりました。また、菅内閣総理大臣の2050年カーボンニュートラル宣言を受け、地域課題を解決し、地域の魅力と質を向上させる地方創生に資する脱炭素に国全体で取り組み、さらに世界へと広げるために、特に2030 年までに集中して行う取組・施策を中心に、地域の成長戦略ともなる地域脱炭素の行程と具体策を示す「地域脱炭素ロードマップ」が決定され、地域の脱炭素の動きが加速することも見込まれています。

今後、これらの動きを地方創生・成長の機会として捉え、自治体、地域金融機関、企業などが連携し、様々な地域課題の解決につなげていくことが重要であり、地域のSDGs達成と脱炭素社会の構築に向けた自治体、地域金融機関の役割とは何かについて考えます。

【開催日時】
令和3年7月30日(金)13:00 ~16:00

【開催形式】
オンライン配信(Cisco Webex Eventsを使用)

【対 象 者】
金融機関、自治体、企業、一般

【参 加 費】
無料

【主  催】
環境省中国四国地方環境事務所
野村證券株式会社

【共  催】
中国環境パートナーシップオフィス

【後  援】
中国財務局
中国経済産業局

【協  力】
公益財団法人 岡山県環境保全事業団(エコアクション21地域事務局)

【プログラム】

13:00~ 『開会のご挨拶』
野村證券株式会社
事業法人兼金融公共公益法人、リテール・アライアンス担当
経営役 山脇 慎自

13:05~13:45 『地域の発展のためのSDGs・脱炭素 ~強くしなやかな地域経済社会への転換~』
環境省中国四国地方環境事務所
所長 上田 健二

13:45~14:30 『脱炭素社会における地域金融機関と自治体との連携のあり方』
野村総合研究所 サステナビリティ事業コンサルティング部
サステナブルファイナンス戦略グループ グループマネージャー 中島 芳徳 様

14:30~15:45 『地方公共団体・地域金融機関による事例共有』
<パネラー>
鳥取県
令和新時代創造本部 政策戦略監
新時代・SDGs推進課 課長  林 公彰 様

株式会社山陰合同銀行
地域振興部 地域振興グループ 調査役
山陰創生推進プロジェクトチーム 井上 光悦 様

津山信用金庫
地域創生部
理事長付(稼ぐ地域創生担当) 藤本 秀雄 様

東広島市
総務部 政策推進監
サブマネージャー 倉増 一成 様

15:45~16:00 『質疑応答』
オンライン配信システムのチャット機能を利用してご質問を受け付けます

【お申込方法】
次の必要事項をご記入の上、標題を「7/30中国地方SDGs・脱炭素セミナー参加申込」として、info@epo-cg.jp 宛に電子メールにてお送りください。開催日の7日~10日前をめどに接続方法や事後アンケートについてご案内のメールをお送りいたします。

●申込者名(グループの代表者名でも可):
…お手元にメールが届く名称であれば、「苗字のみ」や「通称」でも構いません。
●団体名(任意):
●連絡先メールアドレス:
…参加用URLや事後アンケートのお願い、緊急時のご連絡に使用いたします。
●参加予定人数:_名

注)個人情報取扱について
お知らせいただいた個人情報については、当セミナーを主催する野村證券株式会社と共催する環境省中国四国地方環境事務所、中国環境パートナーシップオフィス(運営団体:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター)がセミナーに関するご案内を行う利用目的の範囲内で利用させていただきます。また、本行事終了後、再生不可能な方法で消去いたします。

注)野村證券株式会社からの案内に対して直接返答(お申込)された方は、上記の方法による手続の必要はございません。

【お問い合わせ先】
中国環境パートナーシップオフィス
(担当:岩見、不在の場合は応対者に用件をお知らせください)
電話:082-511-0720(代表)      電子メール:info@epo-cg.jp

注)お手数ですが、電子メールによるお問い合わせの際は、標題に「中国地方 SDGs・脱炭素セミナーへの問い合わせ」とご記入ください。確認漏れ防止のため、お手数ですがご協力をお願いいたします。

* * * * *