【環境トピック】2020年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】2020年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について

7月1日付で内閣府地方創生推進室から令和元年度「SDGs未来都市」等の選定結果が発表されました。全国では「SDGs未来都市」に33都市(34自治体)、「自治体SDGsモデル事業」に10事業、そのうち中国地方からは次の3自治体が選ばれました。

SDGs未来都市(自治体SDGsモデル事業含む)
・岡山県倉敷市
多様な人材が活躍し,自然と共存する“持続可能な流域暮らし”の創造
~高梁川流域圏の発展は倉敷市の発展~

SDGs未来都市
・広島県東広島市
SDGs未来都市東広島 未来に挑戦する自然豊かな国際学術研究都市

【選定結果】
令和2年度「SDGs未来都市」等の選定について(令和2年度7月17日発表資料)(PDF形式:7.24MB)別ウインドウで開きます
内閣総理大臣からのメッセージ(PDF形式:90KB)別ウインドウで開きます

この度の選定・公表については、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、授与式は執り行わず、総理大臣からの書面メッセージという形になりました。

令和2年度 SDGs未来都市(33都市)(PDF形式:617KB)別ウインドウで開きます
令和2年度 自治体SDGsモデル事業(10事業)(PDF形式:463KB)別ウインドウで開きます

【詳細・リンク】
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2020sentei.html

* * * * *