【環境トピック】(仮称)新浜田ウィンドファーム発電事業環境影響評価方法書に係る知事意見について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】(仮称)新浜田ウィンドファーム発電事業環境影響評価方法書に係る知事意見について

島根県報道発表資料より

標記事業の環境影響評価方法書(※1)(以下「方法書」という。)について、環境影響評価法第10条第1項及び電気事業法第46条の7第1項の規定に基づき、別紙のとおり知事意見を経済産業大臣へ送付しましたので、お知らせします。

1 事業の概要
事業者:株式会社グリーンパワーインベストメント
事業の名称:(仮称)新浜田ウィンドファーム発電事業
事業の内容:風力(陸上)発電所の設置
(出力:57,800kW、単機出力:3,400kW程度、基数:最大17機程度)
事業実施区域:島根県浜田市、益田市及び広島県山県郡北広島町

2 今後の予定
経済産業大臣は、知事意見を勘案し、事業者に対し必要に応じて勧告を行う。
事業者は、方法書手続で提出された住民意見、知事意見や経済産業大臣勧告等を踏まえて、調査、予測及び評価を実施し、環境影響評価準備書(※2)を作成する。

(※1)環境影響評価方法書:環境影響評価をどのような項目について、どのような方法で実施するかという計画を示したもの

(※2)環境影響評価準備書:方法書をもとに調査・予測・評価を実施した結果を示し、環境の保全に関する事業者自らの考え方を取りまとめたもの

【詳細・リンク】
http://www3.pref.shimane.jp/houdou/press.asp?pub_year=2019&pub_month=6&pub_day=4&press_cd=9685011B-D723-4B83-B3A2-3469907041FE

* * * * *