【環境トピック】高病原性鳥インフルエンザに関する情報 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】高病原性鳥インフルエンザに関する情報

環境省では、野鳥における高病原性鳥インフルエンザの監視活動を恒常的に行っています。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html

 

鹿児島県の死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザ遺伝子検査陽性について

環境省が野鳥における全国的なサーベイランスとして実施している死亡野鳥調査において、1月18日に鹿児島県出水市で回収されたヒドリガモ1羽の死亡野鳥について遺伝子検査を実施したところ、1月22日にA型鳥インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応が出た旨の報告がありました。

・1月18日に鹿児島県出水市でヒドリガモ1羽の死亡個体が回収されました。
・1月22日に国立環境研究所において本死亡個体の遺伝子検査を実施したところ、A型インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応が出た旨の報告がありました。
・確定検査は鹿児島大学において実施することとしており、確定検査の結果判明まで1週間程度かかる見込みです。
・1月22日に回収等地点の周辺10Km圏内を野鳥監視重点区域に指定しました。

※ 現時点では、遺伝子検査により陽性が確認された段階であるため、病性は未確定であり、高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたわけではありません。

※ 確定検査の結果、陰性となることもあります。

【野鳥との接し方について】

○ 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。
また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、お近くの都道府県や市町村役場にご連絡ください。

○ 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

○ 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。
特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

○ 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。

 

【留意事項】
鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。

日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には「手洗い」と「うがい」をしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。

【連絡先】
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護管理室
直通:03-5521-8285
代表:03-3581-3351

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/press/107667.html

* * * * *