【環境トピック】第50回ガンカモ類の生息調査(全国ガンカモ一斉調査)結果について(速報) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】第50回ガンカモ類の生息調査(全国ガンカモ一斉調査)結果について(速報)

ガンカモ類の生息調査(全国ガンカモ一斉調査)は、ガンカモ類の冬期生息状況の把握を目的として、昭和45年から各都道府県の協力を得て実施しています。本調査は平成30年度調査で50回を迎えました。

平成31年1月13日を中心に実施された第50回目の調査では、前年度とほぼ同数の全国約9,000地点において、ボランティアなど約3,600人の協力を得て調査を行いました。その結果を暫定値として取りまとめたところ、全国で、ハクチョウ類約7万3,000羽(4種)、ガン類約25万3,000羽(6種)、カモ類約162万2,000羽(30種)が観察されました。前年の観察数と比べ、ハクチョウ類は約3%、ガン類は8%、カモ類は0.5%各々増加し、総数では、約2%の増加となりました。

1.第50回調査の概要

・目  的:我が国におけるガンカモ類の冬期生息状況の把握
・調査期間:平成31年1月13日(日)(予備日:1月6日~20日)
・調 査 地 :ガンカモ類の生息地となっている全国約9,000地点の湖沼等
    (ハクチョウ類及びガン類については、原則として全ての生息地を対象
     とし、カモ類については、可能な限り多くの生息地を対象とした)
・調査方法:上記の調査期間の中で定められた調査日に、各都道府県において各調査
     地点に調査員を配置し、双眼鏡等を使用した目視により、ガンカモ類の
     個体数を種ごとにカウント
・協力者数:約3,600人
・集  計:各都道府県の調査結果を環境省において集計

2.第50回調査の結果概要

全国約6,300地点でガンカモ類が観察され、そのうちコハクチョウなどのハクチョウ類は約600地点、マガンなどのガン類は約100地点、マガモなどのカモ類は約6,200地点で観察されました。全国における観察数は、ハクチョウ類約7万3,000羽(4種)、ガン類約25万3,000羽(6種)、カモ類約162万2,000羽(30種)であり、これらの総数は約194万8,000羽でした(資料1)。

(1) ハクチョウ類について
ハクチョウ類の観察数約7万3,000羽を前年度と比較すると、約3%(約2,100羽)増加しました。過去20年間の調査結果の推移を見ると、平成13年度以降は約7万羽前後を推移しています(資料2図1)。都道府県別に見ると、新潟県が約2万1,000羽、宮城県で約1万5,000羽、山形県で8,500羽と観察数が多く、この3県で、全国の観察数の約62%を占めています(資料2表1)。

(2) ガン類について
ガン類の観察数約25万3,000羽を前年度と比較すると、約8%(約19,200羽)増加しました。過去20年間の調査結果の推移を見ると、全体として増加傾向が見られます(資料2図2)。これはガン類の観察数全体の約96%を占めるマガンの増加傾向が反映されたものです。マガンは、宮城県において全国の約97%を占める約23万3,000羽が観察されています。一方で、特定外来生物に指定され、平成27年に国内根絶の報告があったカナダガンは、いずれの地域でも確認されませんでした。

(3) カモ類について
カモ類の観察数約162万2,000羽を前年度と比較すると、約0.5%(約8,000羽)増加しました。過去20年間の調査結果の推移を見ると、平成20年度から一旦減少傾向が見られ、平成24年度は150万羽を下回る観察数となりましたが、ここ数年は160万羽程度を維持しています(資料2図3)。また、観察数が10万羽を超えた県は、茨城県(約13万2,400羽)、千葉県(約12万9,700羽)でした(資料1)。カモ類で観察数の多い上位6種の動向を前年と比較すると、カルガモが約2%、コガモが約10%、オナガガモが約26%減少した一方、マガモが約4%、スズガモが約27%、ヒドリガモが約5%増加となりました(資料2表2及び図4)。

3.その他

・今回の集計結果は暫定値であり、現在行っているデータ精査の結果を踏まえて12月頃を目途に確定値を取りまとめる予定です。本結果を利用される場合には、その点を御留意願います。

・平成30年度ガンカモ類の生息調査(平成31年1月調査実施)(暫定値)は、以下のホームページから御覧いただけます。

・平成29年度に作成した「ガンカモ類の生息調査の対象種識別ガイド」もホームページから御覧いただけます。

<環境省生物多様性センター ガンカモ類の生息調査 調査成果物>http://www.biodic.go.jp/gankamo/gankamo_top.html

【参考】調査開始時からの調査地点数、延べ調査員数及び観察数の推移

(1)調査地点数及び延べ調査員数の推移
第1回調査では、調査地点数が約2,000地点でしたが、その後増加し、平成11年度の第31回調査では9,117地点となりました。その後は、約9,000地点前後を推移しています。

また、延べ調査員数は、第1回調査から昭和54年度の第11回調査までは約4,000人前後を推移していましたが、その後増加し、平成8年度の第28回調査では16,336人となりました。その後は減少傾向にあり、平成27年度の第48回調査以降は約13,500人前後を推移しています(資料3図5)。

(2)観察数の推移
調査地点数や延べ調査員数の変化が大きいため、単純な比較はできませんが、ガン、カモ、ハクチョウ類全体の観察数は、第1回調査では約100万羽でしたが、調査地点の増加もあり、平成19年度の第39回調査では約213万羽が観察されました。平成23年度から平成24年度にかけて減少傾向が見られたものの、平成25年度以降は約190万~195万羽の間で推移しています(資料3図6)。

(3)今後の予定
過年度の調査結果を用いて、調査地点数の変動を考慮した上で、一部の種について観察数の変化を解析中であり、今年度の秋頃に公表を予定しています。

【添付資料】
資料1 [PDF 482 KB]
資料2 [PDF 352 KB]
資料3 [PDF 187 KB]

【連絡先】
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性センター
直通 0555-72-6033

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/press/106776.html

* * * * *