【環境トピック】種の保存法に基づく緊急指定種の指定について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】種の保存法に基づく緊急指定種の指定について

我が国に生息する爬虫類の一種、「Goniurosaurus kuroiwae sengokui(ケラマトカゲモドキ)」を種の保存法に基づく緊急指定種に指定することとし、昨日公示しましたので、お知らせいたします。
指定期間は、公示の2日後である平成29年9月8日から平成32年9月7日までの3か年です。緊急指定種に指定されると個体の捕獲・殺傷、譲渡しなどの行為が規制されます。
これまで緊急指定種として、平成6年12月にワシミミズク等3種、平成20年3月にタカネルリクワガタが指定されており、約9年ぶりの指定となります。

【緊急指定種に指定する理由】
Goniurosaurus kuroiwae sengokui(ケラマトカゲモドキ)は、平成27年に種の保存法に基づき国内希少野生動植物種(※)として指定されたGoniurosaurus kuroiwae orientalis(マダラトカゲモドキ)と同亜種と考えられていたが、2017年6月に公表された学術論文により、新たに別亜種として記載された。
本亜種については、既指定のGoniurosaurus kuroiwae orientalis(マダラトカゲモドキ)として、これまで種の保存法の規制対象とされていたことから、捕獲や国内におけるネットオークション上での流通は確認されていない。しかし、海外でのGoniurosaurus kuroiwae(クロイワトカゲモドキ)種群の各亜種(本亜種を含む)等の販売は活発であり、本種の野外捕獲個体と称するものが、海外の業者によりインターネット販売がされていた実例もあるため、規制対象から外れると乱獲される可能性が高いことから、緊急的に規制を行うもの。
(*)国内希少野生動植物種:我が国に生息・生育する絶滅のおそれのある野生動植物種であって、種の保存法施行令で定めるもの。捕獲・採取、譲渡し等が原則禁止となる。現在ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコ等210種の動植物を指定。

【詳細・参考リンク】
詳しくはこちら

* * * *