【環境トピック】狩猟制度の概要 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】狩猟制度の概要

【狩猟制度の概要】
鳥獣保護管理法第2条第8項において、狩猟は、「法定猟法により、狩猟鳥獣の捕獲等をする」ことと定義されており、狩猟鳥獣以外の鳥獣の狩猟は禁じられています。
狩猟を行うためには、狩猟免許を取得した上で、狩猟をしようとする都道府県に狩猟者登録し、狩猟ができる区域・期間・猟法など、法令で定められた制限を遵守する必要があります。
以下では、狩猟に関わる制度を概説します。

【狩猟免許】
狩猟免許を受けるには、法定猟法の種類に応じた次の4種類の区分に応じて、都道府県知事が実施する狩猟免許試験に合格する必要があります。
狩猟免許試験の日程・試験会場等については、住所地を管轄する都道府県にお問い合わせ下さい。

【鳥取県】
令和2年度狩猟免許試験の日程について
https://www.pref.tottori.lg.jp/289517.htm

【島根県】
狩猟免許試験(新規取得の方)
https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/choujyu_taisaku/syuryou.html

【岡山県】
令和2年度(2020)狩猟免許試験を実施します。
https://www.pref.okayama.jp/page/659507.html

【広島県】
令和2年度狩猟免許試験について
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/huntinglicense/huntinglicense01.html

【山口県】
環境生活部 自然保護課
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15600/index/

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/nature/choju/hunt/hunt2.html

* * * * *