【環境トピック】平成28年度海洋ごみ調査の結果について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】平成28年度海洋ごみ調査の結果について

環境省では、平成22年度から、海岸などにある漂着ごみ、海面に浮遊する漂流ごみ及び海底に堆積するごみ(海底ごみ)に関して、量や種類などの調査等を行っています。

漂着ごみに関しては、平成27年度に引き続き10地点を対象に同様の調査を行いました。

また、漂流ごみ及び海底ごみに関しては、平成28年度は、陸奥湾、富山湾及び若狭湾を対象に、プラスチック類等の人工物を中心に量や種類などの調査を行うとともに、本州等の沖合海域等において、存在量等の調査を行いました。

さらに、近年、海洋生態系への影響が懸念されているマイクロプラスチック(マイクロビーズを含む)※1、2に関する調査等を行いました。

※1 マイクロプラスチック:微細なプラスチックごみ(5㎜以下)のこと。含有/吸着する化学物質が食物連鎖に取り込まれ、生態系に及ぼす影響が懸念されています。

※2 マイクロビーズ:マイクロプラスチックのうち、マイクロサイズで製造されたプラスチックで、ビーズ状のもの。

【詳細・リンク】
詳しくはこちら↓
http://www.env.go.jp/press/104995.html

* * * *