【環境トピック】山口県環境学習指導者バンクについて 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】山口県環境学習指導者バンクについて

山口県では、県民の皆様の環境保全に関する理解と認識を深め、地域における実践活動の促進を目的とし、地域で行われる環境に関する学習会、講演会及びフィールド等を利用した環境に関する体験学習、工作教室等に対し、「環境アドバイザー」又は「環境パートナー」を派遣する、山口県環境学習指導者バンクを、平成14年度から実施しています。

また、平成17年度から環境省のこどもエコクラブ事業に基づき新たに設立されるこどもエコクラブや既存のこどもエコクラブに対し、運営面及び実践活動について指導を行う「こどもエコクラブアドバイザー」を派遣しています。

【環境アドバイザー(講演型環境学習指導者)】
高度な専門知識と経験及び講演等の実績があり、地域における講演活動を通じ、環境の保全に関する知識の普及及び実践活動について指導及び助言を行います。

【環境パートナー(体験型環境学習指導者)】
環境に関する体験学習の取り組みについて知識や技能及び豊富な経験があり、地域におけるフィールド等を利用した体験学習、工作教室等を通じ、環境の保全に関する知識及び実践活動について、指導及び助言を行います。

【こどもエコクラブアドバイザー(こどもエコクラブ指導者)】
こどもエコクラブ事業に基づくこどもエコクラブに対し、運営面及び実践活動について指導及び助言を行います。

講師の種類 環境アドバイザー
(講演型環境学習指導者)
環境パートナー
(体験型環境学習指導者)
こどもエコクラブアドバイザー
(こどもエコクラブ指導者)
指導方法 講演会等での講演・講義 体験学習会等での指導 こどもエコクラブの助言・指導
1回の講師数 1人 2人まで 1人
年間の派遣回数
1団体いずれか1回
2回まで
対象となる団体 民間団体 こどもエコクラブ
派遣の条件 ・参加者が概ね20人以上であること
・環境保全を目的として開催されること
・営利目的でないこと
・委託、補助などを受けていないこと
・概ね10人以上で組織されていること
・運営面および実践活動などに関すること

【派遣申請方法】(バンク利用のフローはこちら
1.講演会・体験学習等の主催者は、その開催日の30日前までに、派遣申請書*(第1号様式)に必要事項を記入の上、環境学習推進センターまで申請してください。
2.申請書を審査し、派遣の可否を申請者に通知します。
3.講演会・体験学習等の終了後、10日以内に実施報告書*(第4号様式)とアンケートを環境学習推進センターに提出してください。

【様式ダウンロード】
・派遣申請書(第1号様式)《WORD》《PDF形式
・実施報告書(第4号様式)《WORD》《PDF形式
・アンケート《WORD》《PDF形式
派遣申請書の記入例は申請書記入例(PDF形式)をご参照ください。

【講師費用】
講師への謝金、旅費は、実施報告書に基づき、環境学習推進センターから支払います。

【申請・問い合わせ先】
(公財)山口県ひとづくり財団 環境学習推進センター
〒754-0893 山口市秋穂二島1062 セミナーパーク内
TEL:083-987-1110
FAX:083-987-1720
E-MAIL:kankyo.c@hito21.jp

【詳細・リンク】
https://eco.pref.yamaguchi.lg.jp/learning/manabu/aboutbank.htm

* * * * *