【環境トピック】令和2年度動物愛護管理功労者表彰について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】令和2年度動物愛護管理功労者表彰について

動物愛護週間(9月20日~26日)行事の一環として、動物の愛護とその適正な管理の推進に関して顕著な功績のあった者を動物愛護管理功労者とし、環境大臣表彰を行います。

【趣 旨】
動物の愛護とその適正な管理の推進に関し、顕著な功績のあった者(団体を含む。)に対して、その功績を讃えるために、平成13年度から環境大臣表彰を行っているもの。

【対象者】
(1)動物の愛護と適正な飼養に関する啓発、普及に関し、多年にわたり尽力し、顕著な功績があった者。

(2)動物の愛護と適正な飼養のための助言、支援に関し、多年にわたり尽力し、顕著な功績があった者。

(3)その他、動物の愛護及び管理に関し、特に模範となるような業績を上げた者。

【受賞者】
個人:8名
団体:2団体

令和2年度動物愛護管理功労者大臣表彰の受賞者 [PDF 194 KB] 参照

【中国地方の受賞者】
公益社団法人 山口県動物保護管理協会 会長
稲原 輝昭 氏(82歳 山口県在住)
<功績概要>
○ 昭和35年に山口県庁に入庁し、狂犬病予防法に係る動物業務に現場と本庁で従事し、動物保護管理法が施行された昭和49年以降25年間は、動物の保護と管理業務に従事し、同県の動物愛護と適正飼養に関する啓発・普及に尽力。平成5年からは、県担当課長として地元自治会や関係団体等との調整に奔走し、同県の動物愛護管理行政の中核である山口県動物愛護センターの設置に尽力。
○ 平成10年からは、社団法人山口県動物保護管理協会会長として、山口県動物愛護センターとも連携して動物愛護フェスティバル等の愛護イベントを定着させるなど、同県の動物愛護と適正飼養に関する啓発・普及に大きく貢献。
○ 卓越した統率力により、同協会を公益社団法人化し、運営の透明性と公益性をより高め、同県の掲げる「人と動物の安心な暮らしづくりの推進」に大きく貢献。

稲原様、受賞おめでとうございます。

【表彰式】
新型コロナウイルス感染症への対応により、本年度の表彰式は中止といたします。
表彰状等は、受賞者の皆様のお手元に届くように本日以降発送いたします。

【連絡先】
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
代表 03-3581-3351

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/press/108465.html

* * * * *