【環境トピック】令和2年度生物多様性保全推進交付金(エコツーリズム地域活性化支援事業)の採択結果について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】令和2年度生物多様性保全推進交付金(エコツーリズム地域活性化支援事業)の採択結果について

環境省では、エコツーリズムを活用した地域活性化を推進するため、エコツーリズム推進法に基づくエコツーリズム推進全体構想の策定やエコツアープログラムづくり、ガイド等の人材育成等の地域活動に対して「エコツーリズム地域活性化支援事業」による支援を行っています。

今般、令和2年度の採択事業8件を決定しましたのでお知らせします。

【中国地方からは以下の2件が採択されました!】

★健康の町かがみのエコツーリズム推進協議会(岡山県)
自然観光資源調査や活用方法の検討、ガイド育成方法等の検討、ツアープログラムの作成、PRイベントへの出展、ファンクラブの運営等を実施する。

★にちなんエコツーリズム推進協議会(鳥取県)
資源調査、モニタリング調査の対象、手法、評価方法等の検討、ツアープログラムの作成、実施、ビジターセンター設置の検討、環境教育、先進地視察、人材育成、ルール作りや体制作りに向けた協議、広報活動を実施する。

1.事業の概要
地域の自然資源を守りながら持続的に活用する観光をエコツーリズムと言います。本事業では、エコツーリズムに取り組む又は取り組もうとする地域の協議会(以下、地域協議会)がエコツーリズム推進全体構想の策定やエコツアープログラムづくり、ガイド等の人材育成等の活動を行うにあたり、その経費の一部(国費1/2以内)を国が支援します。

2.公募対象
ア:地域協議会が地域の多様な主体から構成されており、エコツーリズムを推進しようとする地域の市町村が参加していること。
イ:地域協議会としての意思決定の方法等を明確にした規約その他の規定が定められていること。
ウ:エコツーリズム推進法に基づく全体構想を作成し、3年以内に認定申請を行う方針が地域協議会の構成員である市町村にあること。

3.採択事業
8件(採択された地域協議会及び事業の概要は別紙のとおり。)

4.交付対象期間
交付決定日から令和3年2月末まで

【添付資料】
(別紙)採択団体一覧 [PDF 65 KB]

【連絡先】
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
代表 03‐3581‐3351
直通 03‐5521‐8271

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/press/107996.html

* * * * *