【環境トピック】令和元年度 夏及び冬の星空観察 デジタルカメラによる夜空の明るさ調査の結果について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】令和元年度 夏及び冬の星空観察 デジタルカメラによる夜空の明るさ調査の結果について

環境省では、屋外照明による光害を防止することが重要になってきていること等を踏まえ、平成30年度から星空公団との共同で夏と冬の2回、肉眼による観察とデジタルカメラによる夜空の明るさ調査を呼びかけています。

星空観察は、環境保全の重要性について関心を深めていただく良い機会となるだけでなく、星空を地域資源として宿泊客の誘致に活用するなど、地域づくりにも貢献することが期待されています。

このたび、令和元年度の夏期及び冬期観察で実施した、デジタルカメラによる夜空の明るさ調査の結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。
なお、この調査は星空公団と共同で実施しました。

(1)<夏期>観察期間と観察時間
① 令和元年8月21日(水)~同年9月3日(火)
② 令和元年9月20日(金)~同年10月3日(木)
・日没後1時間半~3時間半まで
<データ投稿受付期間>
① 令和元年8月21日(水)~同年9月20日(金)
② 令和元年9月20日(金)~同年10月17日(木)
注) 令和元年度夏期観察については、①の観測期間中天候不良の日が多く②の追加期間を設けた。

(2)<冬期>観察期間と観察時間
① 令和2年1月15日(水)~同年1月28日(火)
・日没後1時間半~3時間半まで
<データ投稿受付期間>
令和2年1月15日(水)~同年2月14日(金)

【結果の概要】
<夏期> 「夜空の明るさ」等級ごとの件数

等級
(mag/□”)
有効データ投稿数
(注1)
継続観察登録地点における
有効データ投稿数
21 以上 66 件 41 件
20 以上~21 未満 120 件 56 件
19 以上~20 未満 80 件 33 件
18 以上~19 未満 34 件 17 件
17 以上~18 未満 31 件 23 件
17 未満 15 件 8 件
346 件 178 件

(注1)データ投稿総数504件から、雲天、観察時間外、観察期間外、カメラ設定が極端に異なる

データは除いています。

<冬期>「夜空の明るさ」等級ごとの件数

等級
(mag/□”)
有効データ投稿数
(注1)
継続観察登録地点における
有効データ投稿数
21 以上 43 件 31 件
20 以上~21 未満 76 件 45 件
19 以上~20 未満 47 件 21 件
18 以上~19 未満 30 件 16 件
17 以上~18 未満 23 件 14 件
17 未満 5 件 5 件
224 件 132 件

(注1)データ投稿総数300件から、雲天、観察時間外、観察期間外、カメラ設定が極端に異なるデータは除いています

※ 継続観察登録地点のうち、天の川が見えやすいと考えられる 20等級以上であった地点については、別紙2‐1、別紙2‐2を御覧ください。

※「夜空の明るさ」の目安(個人差があります)

等級
(mag/□”)
21 以上 天の川の複雑な構造が確認でき、星団などの観測ができる
20 以上~21 未満 山や海などの暗さ、天の川がよく見られる
19 以上~20 未満 郊外の暗さ、天の川が見え始める
18 以上~19 未満 住宅地の明るさ、星座の形がよく分かる
17 以上~18 未満 市街地の明るさ、星座の形が分かり始める
17 未満 都市部の明るさ、星はほとんど見られない

(3)観察地点の周辺状況別に見た「夜空の明るさ」

<夏期>(継続観察登録地点における投稿データより)

地域区分 件数 平均値
(mag/□”)
最大値
(mag/□”)
最小値
(mag/□”)
住宅地域 52 件 18.55 21.22 15.07
商業地域 9 件 18.17 20.57 16.27
農業地域 33 件 20.26 21.75 17.65
森林山間地 34 件 20.81 21.79 18.67
自然公園等 33 件 20.39 21.90 17.14
工業地域 1 件 19.37 19.37 19.37
その他 16 件 20.42 21.91 16.41
178件

※データ投稿総数504件から、雲天、観察時間外、観察期間外、カメラ設定が極端に異なるデータは除いています

<冬期>(継続観察登録地点における投稿データより)

地域区分 件数 平均値
(mag/□”)
最大値
(mag/□”)
最小値
(mag/□”)
住宅地域 33 件 18.80 21.42 14.51
商業地域 6 件 18.39 20.76 16.45
農業地域 30 件 20.20 21.72 17.69
森林山間地 29 件 20.58 21.62 17.43
自然公園等 21 件 19.83 21.19 17.41
工業地域 0 件 0.00 0.00 0.00
その他 13 件 20.69 21.85 18.90
132件

※データ投稿総数300件から、雲天、観察時間外、観察期間外、カメラ設定が極端に異なるデータは除いています

結果の詳細については、別紙3‐1、別紙3‐2を御覧ください。

【添付資料】
別紙1‐1:令和元年度夏期観察デジタルカメラによる夜空の明るさ調査結果 [PDF 445 KB]
別紙1‐2:令和元年度冬期観察デジタルカメラによる夜空の明るさ調査結果 [PDF 452 KB]
別紙2‐1:令和元年度夏期観察「夜空の明るさ」が20等級以上であった地点 [PDF 281 KB]
別紙2‐2:令和元年度冬期観察「夜空の明るさ」が20等級以上であった地点 [PDF 254 KB]
別紙3‐1:令和元年度夏期観察デジタルカメラによる夜空の明るさ調査結果一覧 [PDF 885 KB]
別紙3‐2:令和元年度冬期観察デジタルカメラによる夜空の明るさ調査結果一覧 [PDF 640 KB]
参考資料:夜空の明るさについて [PDF 575 KB]

【連絡先】
環境省水・大気環境局大気環境課大気生活環境室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8298

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/press/108170.html

* * * * *