【環境トピック】「農薬危害防止運動」の実施について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】「農薬危害防止運動」の実施について

環境省は、厚生労働省、農林水産省等と共同で、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を6月から8月にかけて実施します。

【目 的】
農薬取締法、毒物及び劇物取締法等の関係法令に基づき、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬使用、農薬の適正販売等について周知を徹底することにより、農薬の使用に伴う人畜への危害を防止することを目的に、平成30年度農薬危害防止運動を実施します。

【実施期間】
原則として、平成30年6月1日から8月31日までの3ヶ月間

【実施事項】
主な実施事項は以下の通りです。
(1)農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発
(2)農薬による事故を防止するための指導等
(3)農薬の適正使用等についての指導等
(4)農薬の適正販売についての指導等
(5)有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携

【実施主体】
環境省、農林水産省、厚生労働省、都道府県、保健所設置市及び特別区。
また、農薬の使用現場においては、関係団体等が一体となって運動を推進します。

【関連ページ】
○農林水産省ホームページ(報道発表資料掲載ページ
http://www.maff.go.jp/j/press/index.html
○厚生労働省ホームページ(報道発表資料掲載ページ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html

〈添付資料〉
平成30年度農薬危害防止運動実施要綱 [PDF 261 KB]
平成30年度農薬危害防止運動啓発ポスター(PDF : 167KB)

* * * *