【環境トピック】SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【環境トピック】SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について

内閣府では、「SDGsアクションプラン 2018」及びコンセプトを踏まえ、都道府県および市区町村など、地方公共団体による「SDGsの達成に向けた取組の提案」を「SDGs未来都市」及び、SDGs未来都市の中でも先導的な取組を「自治体SDGsモデル事業」(以下「SDGs未来都市等」という。)として選定するため公募しました。

平成30年6月15日、「SDGs未来都市」について、内閣総理大臣による選定証授与式が行われました。

また、合わせて「SDGs未来都市」29都市 及び「自治体SDGsモデル事業」10事業が下記の通り選定されました。

【選定結果】
SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について
(平成30年6月15日記者発表資料)(PDF形式:5.08MB)
SDGs未来都市(29都市)(PDF形式:140KB)
自治体SDGsモデル事業(10事業)(PDF形式:82.4KB)

【中国地方】
・岡山市が「SDGs未来都市」に選ばれました。(29都市)

・真庭市は「SDGs未来都市」(29都市・10事業)に選定されました。

・SDGs(エスディージーズ)未来都市の選定について(29都市・広島県)

・「SDGs未来都市」に選定されました(29都市・宇部市)

* * * *