【募集】環境省「夜空の明るさを測ってみよう」(9/20締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【募集】環境省「夜空の明るさを測ってみよう」(9/20締切・全国)

環境省では、星空観察を通じて光害(ひかりがい)や大気汚染等に気づき、環境保全の重要性について関心を深めていただくこと、良好な大気環境や美しい星空を観光や教育などの地域資源としても活用していただくことを目指し、星空観察を推進しています。

毎年夏と冬に、デジタル一眼レフカメラで撮影した全国の夜空の写真データを募集し、星の見えやすさなどを公表しています。 一眼レフカメラをお持ちの方はぜひご応募を!夏は8月、冬は1月のそれぞれ新月前後2週間の期間で観察します。

【観察期間】
令和元年8月21日(木)から9月3日(水)まで

【報告期間】
令和元年8月21日(木)から9月20日(金)まで

【準備と測定方法】

1. 使用できるカメラとレンズを用意する
RAW 形式で保存可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ(2008 年以降に発売された機種を推奨)を使用します。使用できるレンズは、標準レンズ。35 mm 前後の焦点距離で開放F値が5.6 よりも小さい(明るい)ものです。

2. カメラを設定する
カメラのダイヤルを「M」(マニュアル)に合わせます。
カメラの設定画面で、シャッタースピードを30 秒、F 値を 5.6、ISO 感度を800、写真画像の保存形式を RAW、長秒時ノイズ低減をON、高感度ノイズ低減をOFF、フォーカスモードをMF に設定します。分析に使用するため、カメラの時計を正確に合わせ観察時間内に撮影しましょう。

3. 夜空を撮影する
カメラと三脚を持って夜空を撮影できる場所に出てみましょう。

4. 撮影データの確認
画面の左から右方向へ星が流れて写っていることを確認します。
星は少しずつ位置が移動しているので、30 秒間でほんの少しずれて写ります。

5. データを送る
撮影が終わったデータは、報告サイトから送信してください。

【関連リンク】
キヤノン 中西昭雄の星空撮影講座
オリンパス株式会社 ジャンル別写真撮影テクニック「星空」
株式会社リコー 簡単チャレンジ!星空撮影モード

星空観察の地点登録に関するお問い合わせは、
環境省大気生活環境室(hikari@env.go.jp)までお願いします。

【詳細・リンク】
https://www.env.go.jp/air/life/hoshizorakansatsu/observe-2.html

* * * * *