【募集】令和元年度環境情報開示基盤整備事業「環境情報開示支援講座」参加企業(7/26締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【募集】令和元年度環境情報開示基盤整備事業「環境情報開示支援講座」参加企業(7/26締切・全国)

環境省では、「ESG対話プラットフォーム」(以下「プラットフォーム」という。)の運用実証事業(以下「本事業」という。)を行っています。
プラットフォームの機能のうち、企業と投資家が対話できる「コミュニケーションツール」や情報分析のための「分析支援ツール」を事業参加登録企業の皆様は、いつでもお使いいただけます。他方、環境情報を入力する「環境情報開示システム」は、平成30年度データの開示登録に向け改修作業中です。

「環境情報開示システム」への開示登録開始に先立ち、プログラムへの参加企業を募集いたします。

【プログラム概要】
環境情報を、新たに投資家向け情報として開示しようとする企業向けの講座です。
環境情報開示システムの入力項目を参考に、投資家向け情報開示のポイントについて理解を深めていただきます。また、投資家からアドバイスを受ける機会も設ける予定です。

プログラムの詳細は、別添1『令和元年度環境情報開示基盤整備事業「環境情報開示支援講座」及び「ESG相談会」参加企業募集要領』で御確認ください。

【応募方法】
下記「環境情報開示支援講座」申込フォームよりお申し込みください。
URL:https://envreport-entry.secure.force.com/apex/pagequestionmain?qe=hTeC4QiaJJ2a9RK5xhpoX4vu1G2%2FeLymK%2FtIhfaQQIKqofCmlukxuK5cjrdQXrdR

【応募締切】
令和元年7月26日(金)17:00

【その他】
●プラットフォーム上の各種ツールをお使いいただくためのID/PWの取得を希望される方は、下記事務局にお問合わせください。コミュニケーションツールや分析支援ツールはID/PW取得後、随時使用が可能です。
●プラットフォームには、各企業が公表するCSR報告書や統合報告書等の各種報告書のリンクを一覧的に掲載する「ESGライブラリ」の機能があります。https://envreport-entry.secure.force.com/corplist/
ESGライブラリへの掲載を希望する企業の方は、下記事務局まで御連絡ください。

【添付資料】
別添1:令和元年度環境情報開示基盤整備事業「環境情報開示支援講座」及び「ESG相談会」参加企業募集要領
別添2:環境情報開示システム入力項目

【問い合わせ先】
<募集内容>
事務局:株式会社NTTデータ(担当 森田、田中、吉原)
TEL:050-5545-6516
E-mail: env_report@am.nttdata.co.jp
※本事業は、環境省から委託を受けた「株式会社エヌ・ティ・ティ・データ」が実施します。
<事業内容>
環境省大臣官房環境経済課 企業行動係
TEL:03-5521-8229

【詳細・リンク】
http://www.env.go.jp/press/106888.html

* * * * *