【公募】平成30年度温泉熱の有効活用に関する実現可能性調査に係る公募(5/31締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【公募】平成30年度温泉熱の有効活用に関する実現可能性調査に係る公募(5/31締切・全国)

環境省は、温泉熱の有効活用の普及促進を図るため、温泉熱有効活用のためのガイドラインを作成することとしております。今般、株式会社総合設備コンサルタントが本ガイドライン作成の一環として、温泉熱利用の効果的な導入モデルの検証を目的とした実現可能性調査を実施する温泉地等の公募を開始しましたのでお知らせします。
(※補助金ではありません)

【募集対象】
地方公共団体、温泉供給事業者、旅館等、調査にご協力いただける者

【募集期間】
平成30年5月7日(月)から5月31日(木)17:00必着

【応募方法】
公募申請書(様式1)及び参考資料を以下に従い、事務局に郵送してください。
(1)公募申請書(様式1
以下より公募申請書をダウンロードし、記入例に従い必要事項を記載してください。
様式1:平成30年度温泉熱の有効活用に関する実現可能性調査公募申請書
記入例:平成30年度温泉熱の有効活用に関する実現可能性調査公募申請書【記入例】
(2)参考資料
必要に応じ、温泉分析書、既設設備のシステム図、配置図、燃料使用量に関する資料など、利用温泉や施設に関する情報がわかる資料を添付してください(※これらの資料を保有している者は、必ず提出すること)。
(3)提出方法
応募書類(公募申請書及び参考資料)(紙媒体)と、すべての紙媒体に関する電子データを保存した媒体(CD-RもしくはDVD-R)それぞれ1式を郵送にて事務局に提出してください。なお、電子データの保存形式は以下の通りとすること。
【電子データ保存形式】
・公募申請書(様式1):Microsoft Word形式
・参考資料:pdf
※ご提出いただいた資料は、原則として返却いたしません
(4)提出先
事務局:株式会社総合設備コンサルタント
エネルギーコンサルティング推進室 三毛、浮田、澤田
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-34-14宝ビル

【費用の負担】
実現可能性調査に要する費用は全て事務局が負担します。ただし、当該実現可能性調査は机上検討を主とし、試掘や工事費は調査に要する費用としては認めません。

【応募締切】
平成30年5月31日(木)17:00必着

【問い合わせ先】
株式会社総合設備コンサルタント
エネルギーコンサルティング推進室 三毛、浮田、澤田
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-34-14宝ビル
TEL:03-5453-3057
FAX:03-5453-3062
E-mail:onsen@socon.co.jp

【詳細・リンク】
詳しくはこちら→ http://www.socon.co.jp/onsen_koubo

* * * *