【募集】水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案)」に対する意見(パブリックコメント)(3/1締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【募集】水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案)」に対する意見(パブリックコメント)(3/1締切・全国)

農薬取締法第3条第2項の規定に基づき、環境大臣は、申請された農薬を登録するかどうかを判断する際の基準(農薬登録保留基準)を定めて告示することになっています(参考1参照)。
今般、新た7種類の農薬(アラニカルブ、ウニコナゾールP、シロマジン、チフェンスルフロンメチル、テブチウロン、トリホリン及びフルエンスルホン)の水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値を設定する案(別紙参照)について、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。

【意見募集の対象】
水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案)
<添付資料>
(別紙)水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案) [PDF 7 KB]
(参考1)農薬の登録制度及び農薬登録保留基準について [PDF 14 KB]
(参考2)水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準の設定に関する資料 [PDF 1.3 MB](アラニカルブ、ウニコナゾールP、シロマジン、チフェンスルフロンメチル、テブチウロン、トリホリン及びフルエンスルホン)

【意見募集期間】
平成28年2月1日(月)~3月1日(火)17:00まで
(※郵送の場合は締切日必着)

【意見提出方法】
※詳細はこちら⇒ http://www.env.go.jp/press/102019.html

【意見提出先】
中央環境審議会土壌農薬部会農薬小委員会事務局
環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室 あて
〔1〕電子メールの場合: mizu-noyaku@env.go.jp
〔2〕ファックスの場合: 03-3501-2717
〔3〕郵送の場合: 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
※郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案)に対する意見」と記載してください。

* * * * *