【補助金】平成30年度 ユネスコ活動費補助金グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業(2/27締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【補助金】平成30年度 ユネスコ活動費補助金グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業(2/27締切・全国)

ユネスコ活動費補助金「グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業」の公募を行います。本事業は、地域の多様なステークホルダーが参画するコンソーシアムを形成してESDの推進に取り組むとともに、「ESDの深化」を図る様々な取組を通じて、持続可能な社会づくりの担い手を育成し、地域のSDGs達成の推進に寄与することを目的とします。

【対象事業】
ユネスコ活動費補助金交付要綱に基づき、補助対象事業は、我が国のESDの推進及びユネスコスクールの活動の振興等に寄与する以下(1)、(2)に掲げた事業であり、直接又は間接に営利を目的としないものを対象とします。
(1)ESDコンソーシアム事業
教育委員会及び大学が中心となり、NPO、ユネスコ協会、企業、社会教育施設など、地域の多様なステークホルダーの協力を得つつ、ESDの推進拠点であるユネスコスクールとともにコンソーシアムを形成し、地域におけるESDの実践・普及や、国内外におけるユネスコスクール間の交流などを促進する事業を対象とします。
(2)ESDの深化による地域のSDGs推進事業
ESDに携わる多様なステークホルダーがコンソーシアムを形成し、ESDの深化を図るため[1]~[4](リンク先「2.補助対象事業」参照)に掲げたいずれかの事業を行い、持続可能な地域づくりの担い手を育成し、地域のSDGsの推進に寄与する事業を対象とします。
→詳しくはこちら

【補助期間、事業規模、補助対象経費】
(1)ESDコンソーシアム事業
補助期間:平成30年度
事業規模:1件当たり年間400~600万円程度の補助事業を、4件以下採択する予定。
補助対象経費:事業に要する経費(賃金、諸謝金、旅費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、借損料、会議開催費、雑役務費、委託費等)のうち、補助金交付の対象として文部科学大臣が認める経費について、予算の範囲内で補助金を交付。

(2)ESDの深化による地域のSDGs推進事業
補助期間:平成30年度
※平成31年度以降の継続採択の可能性有。
事業規模:1件当たり年間200~800万円程度(金額は事業内容に応じる)の補助事業を、4~5件程度採択する予定。
補助対象経費:事業に要する経費(賃金、諸謝金、旅費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、借損料、会議開催費、雑役務費、委託費等)のうち、補助金交付の対象として文部科学大臣が認める経費について、予算の範囲内で補助金を交付。

【応募方法】
本補助金の交付を希望する団体は、本公募要領の内容を十分に踏まえて所定の応募書類を作成し、文部科学省宛てに持参又は郵送、電子メールで提出ください。

【応募締切】
2018年2月27日(火曜日)17時 (必着)

【提出先・問合せ先】
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
文部科学省国際統括官付ユネスコ振興推進係  担当:田村、濱田
TEL:03-5253-4111(内線2602) FAX:03-6734-3679
E-mail:jpnatcom@mext.go.jp

【詳細・リンク】
詳しくはこちら↓
http://www.mext.go.jp/unesco/017/1400938.htm

* * * *