【助成金受付休止】パタゴニア環境助成金プログラム(4/30、8/31締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【助成金受付休止】パタゴニア環境助成金プログラム(4/30、8/31締切・全国)

環境助成金プログラムの申請受付休止について ※2020年4月23日更新

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、環境助成金プログラムの申請受付を休止いたします。申請受付の再開は2020年秋頃を予定しています。詳細な日程が決まり次第こちらのページにてお知らせいたします。

困難な状況の中、非営利団体の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

https://www.patagonia.jp/grant-guidelines.html

パタゴニアは環境保護活動にのみ助成を行います。

私たちが支援するグループは、問題の根本的な原因を見極め、働きかけ、そして長期的な視点で問題解決のアプローチを行なっているグループです。真の問題解決は力強い草の根活動を通じてのみ実現しうると信じており、私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。

私たちは、直接行動する課題を持った、草の根で活動する小規模なグループや、自然環境を保護/回復させようとする複数のキャンペーンに取り組んでいるようなグループを支援しています。
また、地域に残る生物の生息域を守ろうとする地域社会に根ざしたグループを支援しており、森の中にある1本の木、河川の支流、あるいは絶滅の危機にある野生生物の保護のための個々の戦いが、さらに複雑な問題、特に生物多様性と生態系の保護についての問題を多くの人々に提起するうえで最も効果的な活動であると考えています。
測定可能な結果を出そうとしている革新的なグループや、自治体や中央政府に対して自らの法律、つまり私たちの法律を遵守するよう働きかけるグループを支援しています。

パタゴニアは株式を公開しておりませんので、株主に縛られることなく、通常の道からは多少外れているグループも支援することができます。
また、私たちはそのような小さなグループを支援していくことが最も効果的だと信じています。

なお、パタゴニア日本支社の助成金は、社会変革の促進とポジティブなインパクトの拡大をミッションとする米国の非営利組織〈Tides Foundation (タイズ財団)〉を通じて実施されることになります。

【助成対象】
私たちは以下のようなグループに助成します
・行動志向であること
・計測可能であること
・市民を巻き込み、支持を得ている
・ターゲットと目標において戦略的に活動している
・問題の根本的原因に焦点を当てている
・成功が効果的に測定できる特定のゴールと目標を達成している
・パタゴニアがビジネスを展開している国のうち、以下の国内を拠点に活動しているグループ:アメリカ、カナダ、日本、韓国、オーストラリア、チリ、アルゼンチン、イギリス、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、ノルウェー、ルクセンブルク、イタリア、アイルランド、ドイツ、フランス、デンマーク、ベルギー、オーストリア、チェコ共和国

<助成対象外>
・トレイルの建設またはメンテナンス、修復
・ダムの改変または人間の介入による魚道の整備、孵化場プログラム
・土地の購入または土地トラスト
・科学的な研究(ただし、環境問題を解決しようとする特定の行動を直接支援する調査は除く)
・環境に関する会議等
・寄付基金
・特定の候補者を支援する政治的キャンペーン
・環境配慮型建築に関連する取り組み
・自転車の啓発。プロジェクトが気候変動の解決策を直接サポートしていない限り。
・イベントスポンサーシップ、または映画祭

【対象条件】
タイズ財団が定める以下の条件を満たす必要があります。
・プロジェクトベースの申請であること
・・※通常の管理運営経費に対する助成は対象外となります。
・プロパガンダや特定の法律制定に影響を及ぼすことを意図したロビー活動の実施を目的とするプロジェクトではないこと
・アメリカ合衆国以外で実施されるプロジェクトであること

【申請受付】
1団体からの申請受付は1年(毎年5月~翌年4月)に1回のみとなります。

【助成金額】
多くの場合は50万円から200万円までの範囲となりますが、申請内容によってはこの範囲を超えて助成する場合があります。

【申請締切】
年2回申請の締め切りを設けています。
4月30日 (毎年7月以降に実施されるプロジェクト。4月に受け取ったすべての申請については7月までに結果を通知します。)
8月31日 (毎年10月以降に実施されるプロジェクト。8月に受け取ったすべての申請については11月までに結果を通知します。)

【申請方法】
オンライン申請(CyberGrants/日本語)のみとなります。
郵送、メールによる申請は受け付けていません。
助成審査結果通知は締め切り後およそ45日、助成金の振込時期は締め切り後およそ90日を予定しています。

【必要事項と書類】
はじめてオンライン申請をするグループは、事前の組織登録が必要になります。詳しくは下部の「申請から助成までの流れ」をご覧ください。

【申請概要の入力】
申請年度の貴団体全体の年間運営予算額、助成希望額をアメリカドル換算で入力していただきます。
為替レートの計算のためのサイトを入力ページにて紹介しています。

【アップロードが必要な書類】
■ NPO法人等の法人格を有している場合はその認定証、法人格を有していない場合は非営利性を証明する書面(直近の決算報告書等、及び定款)
■ 申請書本文(申請ページ内に指定フォーマットあり)
・ミッションステートメント/グループの設立目的
・活動の中長期目標 (3年~5年)
・上記目標を達成するための道筋(戦略)
・申請プロジェクトが「戦略」の中で果たす役割
・短期目標(プロジェクトを実施し、1年後に達成したい外部環境の状態)
・上記の状態をつくるために必要なアクションとその結果を示す数値的な指標
・申請プロジェクト詳細 (プロジェクト名/期間/プロジェクト予算額、パタゴニア助成金申請額/プロジェクト要約/取り組む課題とその背景、原因/環境保護における意義/問題解決における主要な利害関係者/この問題を解決できる決定権をもつターゲット、ターゲットを動かすことができる人)
・過去の主な活動内容とその成果
・自由記述 (写真、図やグラフなど)
・組織運営上の課題

参考リンク
新しいプロジェクトを計画する際や、現在行っているプロジェクトを新たな段階に進める際の参考として「キャンペーン戦略」についてお読みください。

より詳しくお知りになりたい方は「草の根活動家のためのパタゴニアのツール会議」も合わせてお読みください。

■ 予算概要: グループ全体
・自由書式
■ 予算概要: 申請プロジェクト単独
パタゴニア助成金会計報告書フォームをダウンロードし、申請時に必要な項目を記入の上、アップロードしてください。必要な項目はサイト内手引きでご覧いただけます。
タイズ財団/助成前許諾フォームをダウンロードし、必要事項を記入後にアップロードしてください。

【助成手続き】
パタゴニア日本支社の助成金審査委員会で助成が内定したグループについては、タイズ財団を通じた助成金送金手続きを進めるにあたって以下の書類提出が必要となります。
・タイズ財団/電子送金支払フォーム

【報告義務】
助成先にはパタゴニア日本支社に従った報告義務があります。
過去に申請したプロジェクトがある場合は、そのプロジェクトの短期的(1年)目標の達成度合いを審査の参考にすることがあります。
・パタゴニア助成金会計報告書
・パタゴニア助成金活動報告書

【申請から助成までの流れ】
1.申請ページにて、皆様の取り組みがパタゴニアのガイドラインに沿っているか確認するために、適格かどうかを診断する質問にお答えください。

2.グループ新規登録、または組織情報に変更があった場合は修正登録

3.申請書作成と提出

4.パタゴニアより審査結果通知 (各申請締め切り日からおよそ45日)

5.助成金送金のための必要書類を提出

6.タイズ財団からの送金・アワードレター送付をもって助成実施 (各申請締め切り日からおよそ90日)

7.パタゴニア日本支社に従った最終報告
※ 助成金審査委員会で助成が内定したグループには、「助成までの流れ」についての詳細を直接メール送付にてご案内します。

申請する

【よくあるご質問】
パタゴニアの助成金プログラム担当、またはCyberGrantsのサポートにお問い合わせいただく前に「よくあるご質問」をお読みください。ご質問にすぐにお答えできるか、適切なお問い合わせ先をご確認いただけます。

※ 追加情報
CyberGrantsと申請手続きについてのテクニカル・サポートについてはサポートチーム cgsupport@cybergrants.comまでご連絡ください。

【問い合わせ先(上記以外)】
パタゴニア日本支社の助成金プログラム窓口
TEL:045-435-6012

※ プログラムのガイドラインはつねに更新されますので、新たに申請される際にはガイドラインをチェックするようお勧めします。

【詳細・リンク】
https://www.patagonia.jp/grant-guidelines.html

 

 

* * * * *