【補助金】平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先進環境対応トラック・バス導入加速事業)(1/31締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【補助金】平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先進環境対応トラック・バス導入加速事業)(1/31締切・全国)

環境省では、先進環境対応トラック・バスの普及を促進し、運輸部門におけるCO2排出削減を図ることを目的として、「平成30年度先進環境対応トラック・バス導入加速事業」を実施します。
本件について、執行団体である公益財団法人 日本自動車輸送技術協会から、本補助金の公募を開始することが発表されましたので、お知らせします。

運輸部門CO2排出量の約3割を占める貨物車・バス由来のCO2排出量を削減するため、最も燃費性能のよいトラック・バス(電気自動車、大型天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車、ハイブリッド自動車)の導入に要する経費の一部を補助します。

【補助対象事業者】
①トラック・バスを事業の用に供する者
②トラック・バスの貸渡し(リース)を業とする者(①に貸渡す者に限る)
*トラック・バスの運送事業者は、申請対象外となる自動車がございます。
詳しくは、「わかる!申請ガイダンス」の「補助対象事業者及び補助対象車両並びに申請方法の関係」をご覧ください。

【補助対象車両】
公益財団法人日本自動車輸送技術協会ホームページ内「先進環境対応トラック・バス導入加速事業の公募」のページから、事前登録された補助対象車両一覧をご確認ください。

【補助金額】
補助金総額:9.5億円
車種別、型式別の補助金額は「各社登録済みの対象車両」の基準額欄をご覧ください。

【申請受付期間】
平成30年6月20日(水)~平成31年1月31日(木)

【申請方法】
通常申請と実績申請の二種類の方法があります。
通常申請:交付申請→交付決定→交付決定後に補助対象車両を購入→補助金受給
実績申請:補助対象車両を購入後、交付申請→交付決定→補助金受給

【その他】
※申請にかかる審査は、申込順を基本に行います。
※予算額の残額が2割程度に達した場合には、当該日付以降は申込順による審査を行うことはせず、当該日付から平成31年1月31日までに申込みのあったすべての交付申請を対象に審査を行います。また、予算残額を超える申請があった場合には、抽選により補助事業者を決定します。
※申請受付状況は、公益財団法人 日本自動車輸送技術協会のホームページで公表いたします。

【問い合わせ先】
公益財団法人 日本自動車輸送技術協会 補助金執行グループ
〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2-5 全日本トラック総合会館8階
TEL:03-6380-6773
FAX:03-6380-6873
メール: hojo@ataj.or.jp

【詳細・リンク】
詳細については、下記のホームページをご参照ください。 http://ataj.or.jp/advanced_lev2/

* * * *