【助成金】パタゴニア環境助成金プログラム(第3回)(12/31締切・全国) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【助成金】パタゴニア環境助成金プログラム(第3回)(12/31締切・全国)

パタゴニア日本支社の助成金は、社会変革の促進とポジティブなインパクトの拡大をミッションとする米国の非営利組織〈Tides Foundation (タイズ財団)〉を通じて実施されます。

【お知らせ】 ※2016年12月15日追記
パタゴニアは1985年以来、1%フォー・ザ・プラネットのメンバーとして年間売り上げの1%を非営利環境団体に寄付することを誓約し、これまでに総額7,400万ドル(約82億円)を世界中のローカルコミュニティで活動する何千もの環境団体に直接寄付してきました。
そして、2016年11月25日(金)、世界中のパタゴニアの全直営店およびオンラインショップでご購入いただいた金額の100%を、地球環境をまもろうと活動している草の根環境保護団体や地域で環境活動を行うグループに寄付する「100%フォー・ザ・プラネット」を実施しました。
反響は予想を大きく上回るものであり、皆様のご支援により、パタゴニアでは全世界合計で過去のブラックフライデー(11/25)の売り上げの記録を塗り替える1,000万ドル(約11億円)を集めることができました。
このブラックフライデーにお客様が地球に対して示した大きな愛で、私たちはこの金額を1円たりとも残さず、すべて世界中で活動する草の根環境保護団体に寄付いたします。
(国内の売り上げはすべて日本の草の根環境保護団体に寄付します)
http://www.thecleanestline.jp/2016/11/record-breaking-black-friday-sales-to-benefit-the-planet.html#more
つきましては、国内でも活動資金をお探しの環境保護団体やグループを広く募集することとしましたので、ぜひパタゴニアの環境助成金プログラムへの申請をご検討ください。

【助成対象グループ】
・非営利活動を行っているグループ
・常に行動を起こしているグループ
・広く一般の人々を巻き込み、支持を得ているグループ
・目的を達成するために戦略的に活動しているグループ
・問題の根本の原因を見極め、その原因に働きかけているグループ
・明確な目標と活動対象を持っているグループ
・パタゴニアがビジネスを展開している国のうち、以下の国内を拠点に活動しているグループ:アメリカ、カナダ、日本、チリ、アルゼンチン、イギリス、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、ノルウェー、ルクセンブルク、イタリア、アイルランド、ドイツ、フランス、デンマーク、ベルギー、オーストリア、オーストラリア、チェコ共和国

【条 件】
・プロジェクトベースの申請であること ※通常の管理運営経費に対する助成は対象外となります。
・プロパガンダや特定の法律制定に影響を及ぼすことを意図したロビー活動の実施を目的とするプロジェクトではないこと。
・アメリカ合衆国以外で実施されるプロジェクトであること。

【申請書類の提出】
1団体からの申請受付は助成の可否に関わらず、1年(毎年5月~翌年4月)に1回のみとなります。助成金額は活動内容や用途などにより異なります。多くの場合は200,000円から700,000円の範囲となりますが、申請内容によってはこの範囲を超えて助成する場合があります。

【申請締切:年3回申請】
年3回申請の締め切りを設けています。
第1回 4月30日
(毎年7月以降に実施されるプロジェクト。4月に受け取ったすべての申請については7月までに結果を通知します。)
第2回 8月31日
(毎年10月以降に実施されるプロジェクト。8月に受け取ったすべての申請については11月までに結果を通知します。)
第3回 12月31日締切
(毎年2月以降に実施されるプロジェクト。12月末に受け取ったすべての申請については翌年3月までに結果を通知します。)

【申請方法】
オンライン申請(CyberGrants/日本語)のみとなります。郵送、メールによる申請は受け付けておりません。
助成審査結果通知は締め切り後およそ45日、助成金の振込時期は締め切り後およそ90日を予定しております。

【申請から助成までの流れ】
1. 申請ページにて、皆様の取り組みがパタゴニアのガイドラインに沿っているか確認するために、適格かどうかを診断する質問にお答えください。

2. グループ新規登録、または組織情報に変更があった場合は修正登録

3. 申請書作成と提出

4. パタゴニアより審査結果通知 (各申請締め切り日からおよそ45日)

5. 助成金送金のための必要書類を提出

6. タイズ財団からの送金・アワードレター送付をもって助成実施 (各申請締め切り日からおよそ90日)

7. タイズ財団への会計年度末報告

8. パタゴニア日本支社、およびタイズ財団のフォーマットに従った最終報告
※ 助成金審査委員会で助成が内定したグループには、「助成までの流れ」についての詳細を直接メール送付にてご案内します。

【問い合わせ先】
パタゴニア日本支社 環境プログラム 0467-33-5306

詳しくはこちら⇒ http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=6517

* * * *