【イベント】大久野島未来づくりシンポジウム(2/11開催・広島) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【イベント】大久野島未来づくりシンポジウム(2/11開催・広島)

大久野島は「平和を考える島」、「瀬戸内海の自然を感じる島」、そして「うさぎの島」と言われます。だれもが訪れたくなる島で、人・自然・うさぎをとりまく様々な問題に戸惑いが広がっています。

そこで環境省中国四国地域環境事務所では、2019年10月から4回にわたるワークショップを実施し、大久野島の保存と活用について一定の方向性を得ました。

【参考URL】
http://chushikoku.env.go.jp/nature/mat/post_21.html

本シンポジウムでは、最新の調査結果をもとに大久野島の現状を紹介して、ワークショップの成果について報告することにより、今後の島のありかたについて多くの方たちと知見や意識を共有したいと思います。

島の価値や魅力を伝えていくために必要なことを、一緒に考えていきませんか。

【開催日時】
2020年2月11日(火曜日)13:30〜16:30

【開催場所】
サテライトキャンパスひろしま
(広島県広島市中区大手町1丁目5-3)

【主 催】
環境省中国四国地域環境事務所

【内 容】
●主旨説明
「瀬戸内海国立公園と大久野島の概要」環境省中国四国地方環境事務所
●第一部「情報共有と事例紹介」
「大久野島におけるウサギ個体群の現状」
・・山田 文雄 氏(国立研究開発法人森林総合研究所)
「大久野島のウサギに見られる病気と必要な対策
・・野田 亜矢子 氏(広島市安佐動物公園)
「大久野島未来づくりワークショップ」
・・石丸 賢 氏(中国新聞社 編集局 論説委員室)
●第二部「パネルトーク」
<パネリスト>
・第一部の登壇者
・蒲池 清士氏(広島観光コンベンションビューロー)
・竹原市産業振興課
・環境省中国四国地方環境事務所

【定 員】
150名

【参加費】
無料

【申 込】
不要(開始時刻までに会場にお越し下さい)

※シンポジウムは終日公開で行うため、取材が入る可能性がございます。また、終了後に、環境省ホームページに開催報告を掲載します。

※参加表明頂いた方には、優先的に資料等を確保しておきます。

【問い合わせ先】
事務局:環境パートナーひろしま
メール:fellow@kanpato.org
電 話:080-2937-1579

【取材について】
当日の取材を希望される場合は、2月10日(月)17:00までに、会社名、当日の人数及び連絡先をご記入の上、EメールまたはFAXにて事前登録願います。
Eメール:REO-CHUSHIKOKU@env.go.jp
FAX:086-224-2081
<取材に関する問合せ先>
環境省中国四国地方環境事務所 国立公園課(担当:岡部)
電話:086-223-1561

【詳細・リンク】
http://chushikoku.env.go.jp/pre_2020/post_110.html

 

* * * * *