【イベント】シンポジウム サメの世界を知るー絶滅のおそれのあるサメ(9/13開催・東京) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【イベント】シンポジウム サメの世界を知るー絶滅のおそれのあるサメ(9/13開催・東京)

シンポジウム サメの世界を知るー絶滅のおそれのあるサメ

国際自然保護連合(IUCN)は、レッドリストの調査を行ったサメとエイの31%が絶滅危惧であると警告しています。
またワシントン条約では9種1属のサメの国際取引を規制していますが、日本はその全てを留保(条約の対象外と扱う)しています。
どのようなサメが絶滅の危機にあり、世界ではどのような保全がされているのでしょうか。
地球の生態系を構成する野生生物としてのサメの世界を、サメ研究者ではない人の間でもシェアしませんか。シンポジウムの直前に行われるワシントン条約第18回締約国会議の参加報告もあわせて行います。

【日 時】
2019年9月13日(金)13:00~17:15

【会 場】
帝京科学大学 千住キャンパス3号館地下1階

【主 催】
認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)

【後 援】
公益財団法人 日本自然保護協会

【参加定員】
200名

【参加費】
無料

【参加申込】
右のサイトからご記入ください→ https://forms.gle/otPKu5rB3aXLqNo86

【プログラム】
12:30 開場
13:00~ 開会あいさつ シンポジウム趣旨説明 鈴木希理恵(JWCS)
13:10~ 「魚の物語;サメ、漁業、そして未来」 逐次通訳
リマ・ジャバド (エラズモ プロジェクト)
14:10~ 「香港でのフカヒレ取引と規制,フカヒレ識別による法執行」逐次通訳
スタン・シア ( ブルーム アソシエーション香港)
15:10~ ワシントン条約締約国会議CoP18報告 動画上映
15:20~ 「CoP18でのサメ・エイ・海産種の議論」 真田康弘(早稲田大学客員准教授)
15:40~ 休憩 質問票回収
15:55~ 質疑応答/パネルディスカッション「サメの危機を自分のこととして考えるには」
17:05~ 閉会挨拶 並木美砂子(帝京科学大学教授)
17:15  閉会

【申込・問い合わせ先】
認定特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

【詳細・リンク】
https://www.jwcs.org/event/1104/

* * * * *