【イベント】シンポジウム 近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策(8/20開催・岡山) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【イベント】シンポジウム 近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策(8/20開催・岡山)

「シンポジウム 近年の豪雨災害と気候変動、今後の適応策」のご案内

私は安全だ、災害のおそれがないとはいえない時代になっています。西日本豪雨、九州北部豪雨など、近年になって、大きな被害をもたらす豪雨が増えています。
これらの豪雨は、私たちが排出する二酸化炭素等を原因とする気候変動(地球温暖化)により、より極端で、頻繁なものとなっています。
このシンポジウムでは、豪雨と気候変動の関連を明らかにして、将来的に備える防災、気候変動に対する適応について、科学者の調査や研究の成果をわかりやすく紹介し、皆さんと一緒に考えます。

【日 時】
2019年8月20日火曜日 13:30〜16:30

【場 所】
岡山国際交流センター2階 国際会議場

【内 容】
◎趣旨説明と調査報告
~ 西日本豪雨からの気づきと住民意識(山陽学園大学 白井信雄)
◎基調報告
~ 西日本豪雨の岡山の被害と要因(岡山大学 前野詩朗)
◎問題提起
~ 豪雨への気候変動影響(京都大学 中北英一)
~ 近年の豪雨災害の特徴と緊急的適応策(九州大学 小松利光)
~ 地域からの気候変動への適応策(法政大学 田中充)
◎パネルディスカッション及び会場との対話
・コーディネイター 白井
・パネリスト 前野、中北、小松、中井(総合司会兼務)
・総括コメント 田中
・総合司会 中井佳絵(ボウジョレーヌプロジェクト)

【主 催】
山陽学園大学、法政大学(SI-CAT)、岡山大学
共催:公益財団法人 岡山県環境保全事業団
後援:岡山県・岡山市・倉敷市・中国四国地方環境事務所・山陽新聞社・RSK岡山放送

【入場無料】
事前申込み必要(下記より申し込んでください)
https://form.os7.biz/f/6770d4cd/

専用サイトからお申し込みいただいた方には返信メールをお送りいたします。お申し込みから10分以上経っても返信メールが届かない場合は、うまく送受信されていない可能性があります。
再度お申し込みいただくか、表面のお問い合わせ先までご連絡ください。

【定 員】
150名(申込先着順)定員になり次第締め切らせていただきます。

【問い合わせ先】
山陽学園大学地域マネジメント学部気候変動適応チーム
担当:白井
岡山県岡山市中区平井1-14-1
メール: nshirai@sguc.ac.jp
TEL: 086-901-0687(平日10:00~17:00)

* * * * *