【イベント】令和元年度第3回「干潟生物観察会~干潟の生きものを観察しよう」(6/30開催・広島) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【イベント】令和元年度第3回「干潟生物観察会~干潟の生きものを観察しよう」(6/30開催・広島)

この活動は、広島県環境保全課認定の「せとうち海援隊」の活動の一環でもあり、目的県庁所在地に奇跡的に存在する自然度の高い干潟に注目し、そこに生息する生きものを観察することを通して自然に対する興味・関心を喚起し、その多様性やそれらを支える環境について学びます。

【内 容】
広島デルタでもっとも自然度の高い場所のひとつでの観察会です。偶然がかさなって昔ながらの面影を残した場所です。解説を聞きながらカニや貝などを観察し、生息している生物の種類を確認し、記録に残します。

【主 催】
広島干潟生物研究会

【開催日時】
令和元年(2019年)6月30日(日) 12:30~14:00(1時間半)
・干潮の時刻は14:03で潮位は61cm。
・安全のため干潮の時刻の前後をもって終了します。

【開催場所】
広島市中区白島九軒町白潮公園地先
京橋川神田橋南詰め下流のアシ原(集合は右岸の白潮公園。のぼり旗が立ちます。)

【持 参】
タオル、スコップ、軍手またはビニル手袋、ビニル袋またはミニバケツ、メモ帳
(あれば便利:デジカメ、双眼鏡、図鑑、カニを引き出すための針金など)

【服 装】
長靴、長袖、長ズボン、帽子
(ヨシの群落を横切りますので、肌を出さない服装で。)

【申込方法】
「第3回観察会申込」とタイトルをつけてメールで前日までに申し込んでください。電話でも可。
① 参加者・引率者全員のフルネーム
② 学校名・学年(成人の場合は「成人」とする)
③ 緊急時の連絡先

【参加費】
無料

【注 意】
・トイレをすませてから集合。雨天中止。
・微妙な場合は、ホームぺージ、ブログで当日朝8時以降に確認するか、電話で問い合わせしてください。
・駐車場は民間のコインパークをご利用ください。
・観察会後に現地に残って観察を継続する場合は自己責任でお願いします。

主催:広島干潟生物研究会
共催:科学実験教室ラボ・オルカ
支援:広島県環境県民局環境保全課

広島干潟生物研究会は、市民とともに身近な自然に親しもうと結成したボランティア団体で、市内の干潟を中心に月に1回程度のオープン自然観察会を主催しつつ自然のようすを記録し、写真展を開いたり科学自由研究につなげたりしています。

【申込・問い合わせ先】
広島干潟生物研究会事務局
メール: higataken98@yahoo.co.jp
TEL: 082-274-4100

【詳細・リンク】
第3回干潟生物観察会

* * * * *