【セミナー】資源循環に取組む企業の環境教育~工場のプログラム実践(12/13開催、12/6締切・広島) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【セミナー】資源循環に取組む企業の環境教育~工場のプログラム実践(12/13開催、12/6締切・広島)

平成30年度 教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修
~持続可能な社会の担い手育成に向けた環境教育・ESDを学ぶ~

環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(通称「環境教育等促進法」)において環境教育は「持続可能な社会の構築」を目指すものとされています。
このため、その実践にあっては、身近な自然や地域を通じて環境と社会、経済及び文化とのつながりの理解を促していくとともに、知識や思考力といった認知的な側面のみならず、心情、態度、意欲及び感性など社会・情動的な側面についても、発達段階に応じてバランス良く育成していくことが求められます。

また、環境教育の手法としてこれまで重要とされてきた「体験活動」は、持続可能な社会づくりへの参加を促すという観点から捉え直し、実践を行う必要があり、学校教育においては、持続可能な開発のための教育(ESD)の視点から、体験活動と各教科等の学びをつなげていくことが重要となります。
本研修は、持続可能な社会の構築を目指して、地域で環境教育・学習を推進するリーダー的な人材を育成することを目的とするものです。

環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」等を訪問し、実際に体験活動をしながら大人・子どもの行動や意識の変容を促すポイントを学びます。
※会場によっては、持続可能な社会づくりを支える現場(民間企業等)との交流がある研修もあります。
※各回で内容や募集対象が異なります。会場によっては、地域の方と一緒に活動を体験いただく内容もあります。

資源循環に取組む企業の環境教育~工場のプログラム実践

【開催日時】
2019月12月13日(木)10:00~15:00

【開催場所】
株式会社オガワエコノス(広島県府中市)
※JR福山駅から出発するバスの時間は、確認中です。

【定 員】
35~40名程度

【受講料】
無料

【内 容】
◇オープニング(挨拶、参加者の自己紹介、目的、スケジュール共有)
◇当社の事例紹介「体験の機会の場としての活動紹介」
◇「体験の機会の場」を実際に五感で体験する・・・鵜飼工場見学
◇昼食(地元名物 府中焼き)
◇本山工場見学&解体体験
◇ワークショップ、振り返り

【対 象】
1.NPO/NGO、行政や民間企業等の職員、教員や教育関係者等
2.環境教育・ESD、体験活動に関心がある方(大学生、大学院生、専門学校生等を含む)
※持続可能な社会づくりへの参加を促進していく上で有効な「体験活動」を企画、実践することができるリーダーを育成

【申込方法】
・「お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信して下さい。
・FAXをご利用の方は、こちらです。 FAX申込書

※「カリキュラム・デザイン・コース」の講師派遣型研修を御希望の方は、直接下記「問い合わせ先」まで御連絡いただきますようお願いいたします。

【申込期限】
2018年12月6日(木)研修会開催日の1週間前まで

※定員に達し次第、募集を締め切ります。
※受講の可否は、後日メールにてお知らせいたします。
※研修会場までの交通費、昼食費および宿泊費等につきましては自己負担をお願いします。
※宿泊をご予定される方は、各自でホテル予約等のご手配をお願いいたします。
※共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:オガワエコノス株式会社

【主 催】
環境省

【共 催】
「体験の機会の場」研究機構

【協 力】
文部科学省
オガワエコノス株式会社

【問い合わせ先】
研修会運営事務局
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
公益社団法人日本環境教育フォーラム内
TEL:03-5834-2897
FAX:03-5834-2898

【詳細・リンク】
http://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/

* * * *