【セミナー】2018年度 日本生態学会生態系管理~社会の理解を拡げるための共感力養成講座~(7/27-28開催、7/20締切・高知) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【セミナー】2018年度 日本生態学会生態系管理~社会の理解を拡げるための共感力養成講座~(7/27-28開催、7/20締切・高知)

2018年度 日本生態学会生態系管理~社会の理解を拡げるための共感力養成講座~

地域の暮らしを支えるためには、豊かな自然を守り、時には再生して、次世代に伝えていく必要があります。そのキーワードは「共感」。様々な人に理解を呼びかけ、多くの協力を得て進めていくことが大切です。この講座では、自然再生事業や生物多様性保全を進めてきた仕掛け人たちを講師に招き、経験知を余すところなく提供します。また、 四万十川流域をめぐり、暮らしの中にある保全と持続的活用について考えます。
ひとりひとりが考えた自然再生計画について、講師や参加者が一緒に意見交換しながら、ブラッシュアップしていく、ワークショップ形式の2日間連続の講習会です。

【日 時】
2018年7月27日(金)13:00~7月28日(土)15:00

【場 所】
西土佐環境文化センター四万十楽舎(高知県四万十市西土佐中半408-1)

【対 象】
生物多様性保全や自然再生に関わる学生、市民団体、企業,行政、研究者

【定 員】
初日のみ参加:5名 + 両日参加:20名(先着順)

【内 容】
生物多様性保全事業で必要な社会提案に必要な情報整理・発信術や、社会からの共感を呼び込むための技術を身につけるためのワークを行います。2日目は四万十川流域をめぐり、暮らしの中にある保全と持続的活用について考えます。

【講師等】
岡野 隆宏 氏(環境省 自然環境局)
橋本 佳延 氏(兵庫県立人と自然の博物館)
白川 勝信 氏(北広島町立芸北高原の自然館)
山下 慎吾 氏(Sakanayama Lab.)

【参加費】
10,000円(7/27のみの場合 5,000円)
※ 宿泊費・旅費・食費は含まれません
※ 会場での宿泊(相部屋)が可能です

【持ち物】
筆記具・宿泊用具・野外を歩ける服装・できれば長靴

【主 催】
一般社団法人 日本生態学会

【申込方法】
個人情報の取り扱い方針にご同意いただいた上で,
こちらのページからお申込みください

※ 生物多様性事業に関するワークシートを事前に参加者全員に提供いたします。ご自身の現場の課題などをこのシートに記入し、7/25(水)までに事務局宛にメールにてお送りください。

【申込締切】
2018年7月20日(金)18:00まで(定員となった時点で受付を終了します)

【問い合わせ先】
日本生態学会生態系管理専門委員会
https://www.kokuchpro.com/event/shimanto/contact/

【詳細・リンク】
https://www.kokuchpro.com/event/shimanto/

↓画像をクリックするとPDFファイルがひらきます。

* * * *