【イベント】アマモ場再生活動30周年記念シンポジウム(10/10開催・岡山県) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【イベント】アマモ場再生活動30周年記念シンポジウム(10/10開催・岡山県)

岡山県内のアマモに関する保全活動のネットワークを促進させるため、活動に関わる団体、研究者、市民、事業者、行政等が集い、アマモの役割やその重要性、保全等について情報交換、交流をすすめ、更なる活動の発展をめざします。
また、当日午後から『アマモ種選別、種まき』体験企画を実施し、アマモや海への関心を深め、海洋資源の保全につなげるきっかけをつくります。

<シンポジウム>
【開催日時】
2015年10月10日(土) 10時~12時

【会 場】
日生町漁業協同組合2階会議室(「五味の市」隣の漁業協同組合の建物です)
〒701-3204 岡山県備前市日生町日生801−4
電話:0869-72-1181

【定 員】
シンポジウム:100名(先着)※参加費無料

【内 容(予定)】
※一部変更となる場合もありますので、予めご了承ください。
◇主催者挨拶:おかやま環境ネットワーク里海づくり推進部会長・田中丈裕
◇挨拶:日生町漁業協同組合代表理事組合長・淵本重廣様
◇基調報告:日生町漁業協同組合専務理事・天倉辰己氏『アマモ場再生活動30年の歩み』
◇事例報告:笠岡地区漁業連絡協議会会員(笠岡市漁業協同組合北木島支所長)・藤井和平『豊かな海への漁師
のチャレンジ!~笠岡の海でのアマモ場造成活動~』
◇事例報告:神島寺間見崎里浜づくり代表・森中憲治氏『アマモ場づくりの動機と活動の展開』
◇事例報告:笠岡工業高等学校環境土木科教諭・井上智裕氏『「笠岡湾におけるアマモ場再生への取組』
◇事例報告:生活協同組合おかやまコープ井笠エリア・金高さおり氏『こどもたちに手渡したいアマモのある海』
◇事例報告:岡山市立小串小学校『見つめ直そう私たちの小串~ふるさと小串の海を守るために自分たちに
できること~』
◇事例報告:備前市立日生中学校教諭・藤田孝志氏『人と海に学び、豊かな感性を育てる海洋学習』
◇事例報告:海洋建設(株)水産環境研究所 研究調査部長・片山貴之氏『アマモ場が作る豊かな海』
◇参加者との意見交換・取り組み総括 ※コーディネーター:田中丈裕
◇出版紹介:ままかり普及委員会代表・林宗男氏 『マカリン』出版紹介

<アマモ種選別・種まき体験企画> ※詳しくはチラシをご覧ください
【日時・集合】
2015年10月10日(土)13時~15時、
13時に日生町漁協前に集合

【参加者持ち物】
ビニール手袋、汚れてもよい服、長靴、帽子、飲み物、必要な場合着替え
※午前・午後とも参加の場合、昼食をご用意ください。
※『あなご弁当』を500 円(税込み)で注文できます(裏面参照、飲み物は各自ご持参ください)。

【定 員】
アマモ種選別と種まき体験:100名(先着)※参加費無料

【申 込】
FAX・メール・郵送で「参加申込書」を送付、または必要事項を9月25日までにご連絡ください。
「あなご弁当(1個500 円・税込)」の数量変更・キャンセルは9月25日以降できません。

【主 催】
公益財団法人おかやま環境ネットワーク、生活協同組合おかやまコープ、NPO 法人里海づくり研究会議

【共 催】
日生町漁業協同組合、神島寺間・見崎里浜づくり、ままかり普及委員会

【後 援】
岡山県、備前市、笠岡地区漁業連絡協議会、笠岡市、岡山市、(公財) 岡山県環境保全事業団、海洋建設(株)

【申込・問合せ先】
公益財団法人おかやま環境ネットワーク
〒700-0026 岡山市北区奉還町1-7-7(オルガ6階)
TEL&FAX:086-256-2565 E-mail:kankyounet@okayama.coop
HP:http://www.okayama.coop/kankyounet/

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます
15.10.10.amamo40001

 

* * * * *