メールマガジン【EPOちゅうごく・中国地方ESD活動支援センター】 2020年4月前半号 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

メールマガジン【EPOちゅうごく・中国地方ESD活動支援センター】 2020年4月前半号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

EPOちゅうごく・中国地方ESD活動支援センター

メールマガジン2020年4月前半号(発行部数917部)

トップページ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「EPOちゅうごくおよび中国地方ESD活動支援センター」のメールマガジンを
ご覧いただき、ありがとうございます。

コロナウイルスの感染被害の拡大が懸念される中、桜は花吹雪から徐々に葉
桜へと晩春の愁い感じる季節になりました。
EPOちゅうごく業務は2005年の1月に開設され、今月より16年目の第6期
に入りました。第五次環境計画を踏まえ、持続可能な社会の構築を目指して、
スタッフ一同、総力を挙げて業務にあたって参ります。
また、今年度より併設しております「中国地方ESD活動支援センター」のメ
ールマガジンと本メールマガジンを合同で配信することとなりました。
月に2回、皆様に環境やESD、SDGsに関する中国地方のホットな情報をお届
けして参ります。今後ともどうぞ変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い
いたします。
皆さまにおかれましてはどうぞご自愛くださいませ。

中国地方ESD活動支援センターのHP→ https://chugoku.esdcenter.jp/

 

★★新型コロナウイルス感染症について★★
国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お
一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努め
ていただくようお願いいたします。

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

「帰国者・接触者相談センター」は、すべての都道府県で設置しています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専
門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通
機関の利用を避けて受診してください。

【多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について】
多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エ
チケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや
行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置する
など、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

(掲載ページ:厚生労働省webサイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
(一般的なお問い合わせなどはこちら)
厚生労働省相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間: 9:00~21:00(土日・祝日も実施)

目 次 ------------------------------
▼1 トピックス
▼2 イベント・助成金・募集情報
▼3 ご利用案内
----------------------------------

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1 トピックス
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<EPOちゅうごくより>

【 新型コロナウイルス対策のためのお知らせ 】
EPOちゅうごくより、新型コロナウイルス関連の感染予防対策として、ご来館
される皆さまにお願い申しあげます。
ご来館の際には、入室にあたりご連絡先(名前・所属・電話番号)をお伺いさ
せていただきますので、ご協力くださいませ。
感染予防対策に留意し、ご自身で咳エチケット(マスクの着用等)や頻繁な手
洗い、手指消毒など感染症対策をお願いいたします。また、ご自身の体調に不
安がある場合は、来館に際し無理をなさらぬようお願いします。
風邪のような症状がある場合は、来館をご遠慮くださいませ。
感染予防のため、長時間の滞在はお控えくださいませ。

詳しくはこちら→ http://epo-cg.jp/blog/news/coronavirus/

……………………………………………………………………………………

●【お知らせ】「持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会
課題を同時解決するための民間活動支援事業」成果リーフレットについて
環境省では、SDGs達成の取組に添って、地域における環境課題への取組を他の
社会課題の取組と統合的に進めることで、それぞれの課題との関係の深化、
ステークホルダーの拡大、課題解決の加速化等を促進することを目的に、
平成30年~令和元年にかけて「持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の
環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を実施し、同時
解決を進める過程において様々なステークホルダーによるパートナーシップが
重要になるため、環境省が設置する中間支援組織である環境パートナーシップ
オフィス(EPO)が採択団体の伴走支援を行いました。全国8事業の本事業実施
で得られた、地域の課題解決のプロセスにおけるポイントを紹介するリーフ
レットを作成いたしました。

詳しくはこちら→ http://epo-cg.jp/blog/news/sdgsshienjigyou/

----------------------------------

<広報協力:イベント・セミナー>
現在、国内における最近の新型コロナウイルスの感染の発生状況を踏まえ、感
染拡大の防止という観点から、開催を中止するイベントがございます。
下記イベントについても、開催が中止または延期になってしまう情報があろう
かと思われます。
お申込みの際には、念のために主催者側に開催の有無について確認をしてから
お申込みいただければと存じます。
皆様には大変御迷惑をお掛けいたしますが、何卒御理解の程、よろしくお願い
いたします。

●初心者のための自然観察会「とんぼの羽化を観察しよう!」
(4/26開催・岡山)
主 催:公益財団法人 岡山県環境保全事業団 岡山県自然保護センター

<広報協力:助成金>

●令和2年度しまね環境保全活動助成金 2次募集(5/11締切・島根)
主 催:公益財団法人しまね自然と環境財団 エコサポしまね

……………………………………………………………………………………

<広報協力:研修会>

● エコアクション21認証取得研修会(参加費無料)
エコアクション21の認証取得は、「取引先からの環境配慮要請」や「コンプ
ライアンスの徹底管理」、「持続可能な開発目標(SDGs)への貢献」など、多く
の企業が直面する様々な経営課題に応える事ができる他、自治体の入札参加資
格審査における加点や優良産廃処理業者認定制度などのメリットもあります。
また、エコアクション21の活動を通じ、コスト削減、従業員の意識改革、組
織の活性化、リスク管理など経営力の向上にもつながります。
本研修会では、審査員が取り組みに対するアドバイスを行いながら取得を支
援します。エコアクション21に取り組み、地域から選ばれる企業を一緒に目指
しましょう。

開催日時:(全4回) ※本研修会は4回連続講座です
●2020年4月22日(水) 13:30~16:00
●2020年5月19日(火) 13:30~16:00
●2020年6月24日(水) 13:30~16:00
●2020年8月19日(水) 13:30~16:00
対象:エコアクション21の登録を希望する県内事業者 10社
会場:(公財)岡山県環境保全事業団 会議室(岡山市南区内尾665-1)
主催:エコアクション21地域事務局 岡山県環境保全事業団

チラシはこちら→ http://www.kankyo.or.jp/news/detail.php?id=250
詳細はこちら→ http://epo-cg.jp/blog/koubo/200417ecoaction21/

----------------------------------

<中国地方ESD活動支援センターより>

●「全国フォーラム2019」セッション2、5の動画公開
2019年12月20日~21日開催「ESD推進ネットワーク全国フォーラム2019」の
初日パネルディスカッション(セッション2)及び最終の総括セッション
(セッション5)の様子を撮影した動画を公開しました。

詳しくはこちら→ https://chugoku.esdcenter.jp/2020/04/03/zenkokudouga/

----------------------------------

<環境省より>

●【環境トピック】すべての企業が持続的に発展するために「持続可能な開発
目標(SDGs)活用ガイド」(第2版)の発行について
環境省は、持続可能な開発目標(SDGs)に係る取組の進展に寄与することなど
を目的として、企業がSDGs達成に向けて取り組む際の手引となるよう「持続可
能な開発目標(SDGs)の活用ガイド」を平成30年6月に作成しています。
この度、その第2版を発行しましたので、お知らせします。

詳しくはこちら→ https://www.env.go.jp/policy/sdgs/index.html

……………………………………………………………………………………

●【イベント】大山隠岐国立公園 春の美保関 野鳥観察会
大山隠岐国立公園に指定されている美保関は、春に渡り鳥の中継地点とし
て利用されます。今回、国立公園の魅力を知ってもらい、自然にふれあう機会
を提供することを目的として、美保関で春の渡り鳥の観察会を開催します。

開催日時:令和2年4月19日(日)
集合場所:美保関灯台駐車場北展望台
(〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関)
申込締切:令和2年4月10日(金)

詳しくはこちら→ http://epo-cg.jp/blog/event/200419birdwatching/

<備 考>
新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合は、開催を見合わせる可能
性があります。また、イベント当日は風邪のような症状がある方には参加をお
控えいただき、参加される方はマスクの着用を奨励いたします。

……………………………………………………………………………………

●【募集】Newドギーバッグアイデアコンテスト応募作品の受付開始
環境省は、消費者庁、農林水産省及びドギーバッグ普及委員会との共催によ
り開催する「Newドギーバッグアイデアコンテスト」について、応募作品の受
付を開始しました。本コンテストは、食べきれなかった料理を持ち帰ることを
身近な文化として広め、利用者の自己責任、またお店との相互理解のもとで、
飲食店等における持ち帰りの実践を促す社会的な機運醸成を図ることを目的と
して開催するものです。多くの方の御応募をお待ちしております。

応募締切:令和2年6月1日(月)

詳しくはこちら↓

【募集】Newドギーバッグアイデアコンテスト応募作品の受付開始(6/1締切・全国)

……………………………………………………………………………………

●【募集】グリーンウェイブに参加しよう!
環境省、農林水産省、国土交通省、国連生物多様性の10年日本委員会
(UNDB-J)では、生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、世界各
地の子どもたちが学校や地域などで植樹等を行う「グリーンウェイブ」活動へ
の参加を呼びかけています。

実施期間:令和2年3月1日(日)~6月15日(月)まで
登録締切:令和2年6月30日

詳しくはこちら→ http://epo-cg.jp/blog/koubo/200630greenwave2020/

……………………………………………………………………………………

●【環境トピック】「地域循環共生圏実践地域等登録制度」の開始と「地域循環
共生圏ポータルサイト」の立ち上げについて
環境省では、第五次環境基本計画で提唱している「地域循環共生圏」の構築
に向けて、環境省では様々な事業を推進しています。このたび、地域循環共生
圏を構築、創造している/したい地域・団体の登録制度「地域循環共生圏実践地
域等登録制度」を開始し、「地域循環共生圏」に関する事業のウェブサイトを一
元的に管理し、分かりやすく発信するためのポータルサイトを立ち上げました。

詳しくはこちら→ https://www.env.go.jp/policy/chiikijunkan/

……………………………………………………………………………………

●【募集】「プラスチック・スマート -for Sustainable Ocean-」キャンペーン
取組事例募集
環境省は、世界的な海洋プラスチック問題の解決に向けて、個人・自治体・
NGO・企業・研究機関など幅広い主体の取組を本キャンペーンで後押しします。
海洋プラスチックごみ問題の解決に貢献する取組を企業や団体の皆様から広く
募集しています。

詳しくはこちら→ http://plastics-smart.env.go.jp/

……………………………………………………………………………………

●【募集】地球温暖化のための国民運動「COOL CHOICE(=賢い選択)」へのご賛同
日本は2030年に向けて、温室効果ガス排出量26%削減を掲げています。
「COOL CHOICE」は、この目標のために、省エネ・低炭素型の製品・サービス・
行動など、温暖化対策に資する、また快適な暮らしにもつながるあらゆる
「賢い選択」をしていこうという取組です。ぜひ、ご参加ください。

http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2 イベント・助成金・募集情報
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<イベント・セミナー情報>
現在、国内における最近の新型コロナウイルスの感染の発生状況を踏まえ、感
染拡大の防止という観点から、開催を中止するイベントがございます。
下記イベントについても、開催が中止または延期になってしまう情報があろう
かと思われます。
お申込みの際には、念のために主催者側に開催の有無について確認をしてから
お申込みいただければと存じます。
皆様には大変御迷惑をお掛けいたしますが、何卒御理解の程、よろしくお願い
いたします。

●「真庭なりわい塾」プレイベント岡山会場(4/25開催・WEB)
●初心者のための自然観察会「とんぼの羽化を観察しよう!」
(4/26開催・岡山)
●ひろしま遊学の森 広島県緑化センター 3~4月の行事案内(3-4月・広島)
●広島市植物公園 4月のイベント(4月・広島)
●タンポポ調査 西日本2020(3/1-5/31開催、6/10締切・西日本)
●株式会社「山と溪谷社」とのコラボレーションによるデジタル登山スタンプ
ラリー企画「山陰ホーリーピークス」の継続開催について
(2019.6/1-2020.7/1開催・山陰)
●秋吉台エコ・ミュージアム 2020年度 行事カレンダー(年間予定・山口)

EPOちゅうごく http://epo-cg.jp/blog/blog/event/simekiri_event/
中国地方ESDC https://chugoku.esdcenter.jp/category/02_seminar-event/

…………………………………………………………………………………………

<助成金・補助金情報>

●令和2年度広島県省エネ活動促進補助金(4/17締切・広島)
●令和2年度の青少年健全育成事業の募集(4/24締切・山口)
●LUSHチャリティバンク(4/末日締切・全国)
●パタゴニア環境助成金プログラム(4/30締切・全国)
●令和元年度(補正予算)世界を牽引するイノベーション確立のための部材や
素材の社会実装・普及展開加速化事業の公募について(4/30締切・全国)
●2020年度 富士フイルム・グリーンファンド(5/7締切・全国)
●2020年度 公益信託ミキモト海洋生態研究助成基金(5/7締切・全国)
●2020年度 公益信託四方記念地球環境保全研究助成基金(5/7締切・全国)
●2020年度 公益信託増進会自然環境保全研究活動助成基金(5/7締切・全国)
●2020年度 公益信託乾太助記念動物科学研究助成基金(5/7締切・全国)
●令和2年度 岩国市みんなの夢をはぐくむ交付金(5/8締切・山口)

EPOちゅうごく http://epo-cg.jp/blog/jyoseikin/simekiri_jyoseikin/
中国地方ESDC https://chugoku.esdcenter.jp/category/03_subsidy/

…………………………………………………………………………………………

<募集情報>

●令和2年度脱炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務公募について
(4/14締切・全国)
●令和2年度 資源循環技術・システム表彰(第46回)(4/13締切・全国)
●令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金に係る補助事業者(執行団体)
の募集(4/15締切・全国)
●岡山県・倉敷市主催エコアクション21認証取得研修会参加者(4/17締切・岡山)
●令和2年度地域脱炭素化推進事業体設置モデル事業の公募(4/17締切・全国)
●第10回「気象文化大賞」(4/29締切・全国)
●CSOラーニング制度(4/29締切・全国)
●第42回「全日本水の作文コンクール」(5/8締切・広島)

EPOちゅうごく http://epo-cg.jp/blog/koubo/simekiri_koubo/
中国地方ESDC https://chugoku.esdcenter.jp/category/04_openrecruitment/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
3 EPOちゅうごく ご利用案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●環境に関する活動、行事の情報発信のお手伝い
ホームページやメールマガジンを通じて、環境教育に関するイベント、補助
金・助成金、募集などの情報を発信しています。情報掲載ご希望の方は、詳細
をメールでお送りください。

●環境保全、環境教育に関するご相談
環境保全や環境教育の活動を行うにあたって必要な情報提供、助言、専門家の
紹介など行っています。

施設紹介/利用案内

●多目的スペース利用の予約受付中
資料等の閲覧やミーティング、20人程度のセミナーなどに使えるスペースを
ご利用いただけます(要事前予約)。

施設紹介/利用案内

<発行>―――――――――――――――――――――――――――――――
環境省中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)
中国地方ESD活動支援センター(中国ESDセンター)
〒730-0011 広島市中区基町11-10合人社広島紙屋町ビル5階
TEL:082-511-0720  FAX:082-511-0723
E-mail:info@epo-cg.jp
開館日 月~金曜日(9:00~18:00)
休館日 土・日曜日、祝日、年末年始
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
※EPOちゅうごくは環境省が設置し、NPO法人ひろしまNPOセンターと協働で
運営しています。
※メールマガジン配信解除 info@epo-cg.jp

 

月別アーカイブ
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年3月
2012年8月
2012年3月
2011年10月
* * * * *