【活動紹介】もりメイト倶楽部Hiroshima 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

【活動紹介】もりメイト倶楽部Hiroshima

 

もりメイトキッズチラシ0001もりメイトキッズチラシ0002

『わくわく もりの学校』 参加レポート(*^^*)

広島市に事務局がある「もりメイト倶楽部Hiroshima」様は、「もりづくり、私にできることから・・」を合言葉に 森林づくり・里山づくり・まちづくり・環境づくりを、 技術を磨き、学び、楽しみながら活動している、 現在会員数約200名の森林ボランティア団体です。

様々な森林保全活動をされている中で、次世代を担う小学生の子ども達を対象に、森づくり活動体験を通じて、豊かな心と森を育てていきましょう!と毎年実施されているイベントで、今年で実施9年目。
今年は告知早々に定員に達してしまったという大人気プログラム、子ども森林ボランティア『もりメイトキッズ』のイベントに参加させていただきました♪♪

普段の生活の中では、なかなか体験することのできない森林保全活動を、子ども達とどの様に楽しみながら実施されているのか、またメッセージを伝えているのか、報告させていただきます。

【9:50~ オリエンテーション】
今年のテーマ「森の達人 木こりになろう!」をベースに、山本副理事長より活動内容について、活動するにあたり注意すること、森がなぜ大切なのか?等のお話と、活動中は「自分の命は自分で守る」ことについて『3つの約束』として説明がありました。
『TOTO水環境基金』の授与式が行われ、見勢井理事長に目録が手渡されました。
学生サポーターによるアイスブレイクでは、学年ごとに3チームに分かれジャンケンゲームで盛り上がり、気持ちがほぐれたところで、学年別に5グループに分かれて森林整備の準備へと進みました。

P1080155もりの説明 P1080158安全に活動する為に P1080161山本副理事長
P1080166TOTOの助成金授与式
(見勢井理事長)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA大学生サポーターによる
アイスブレイク
P1080184いよいよヘルメットと
ノコを準備


【10:40~ 森林整備】

現場へ到着すると、木をきる事について説明をうけ、各グループごとに担当エリアへ移動し、カラーテープが巻いてある木を、子ども達が順番に実際にノコを引いて伐採。
今回が2~3回目の参加だという子もいて、中には初めて参加の子に解説指導してくれる頼もしい子も!倒れる瞬間「バキバキバキッ」という音と共に歓声が上がり、次の木を切り倒すためにみんな必死にノコを引いていました。

P1080202 P1080207 P1080214
P1080227 P1080228 P1080231

その頃…大人のグループは、昼食会場の設営や、山菜の説明を聞きながら、昼食の食材となる山菜採りをしたり、昼食作りを手伝ったりと、いろいろ楽しみながら過ごされていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA


【12:00~ 昼食】

手作りのカマで炊いたタケノコご飯・かき玉汁・山菜の天ぷら・コシアブラの和え物・山菜のサラダ・などなど。森や地元で採れた材料を使った豪華な昼食で、おかわりに並ぶ子ども達が多くみられました。

P1080239 P1080242 P1080241


【13:10~ 森林整備となめこの菌打ち】

現場に戻り、午後からは残った木の伐採と主に玉切り。片付けが終わった大人チームも合流し賑やかになったところで、準備してあった木にドリルで穴をあけで「なめこの菌打ち」を体験。

P1080234
太い木はロープを引く
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
枝を切り落とす
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
玉切りをする
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
工作中?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドリルで穴をあける
OLYMPUS DIGITAL CAMERA菌を打ち込む


【14:45~ まとめ】

最初の場所に戻り、ヘルメットとノコを所定の場所に戻して、アンケートと今日のふり返り。
「大学生サポーターと一緒に活動出来て楽しかった」「山菜のテンプラがおいしかった」などの感想がありました。山本副理事長より、森の恵みを感じる活動や生物多様性について説明があり、最後に「自然にありがとう」の拍手で閉会となりました。

P1080247 P1080248 P1080253

子ども達へのインタビューでは、
「木をきって作品を作るのが楽しい。」
「昨年は竹をきったけど、木よりもきりやすかった。竹の中には水が含まれていて、その竹でご飯を炊いて食べたのが、竹の香りがしてとても美味しかった。」
「毎年、カレーライスが食べれる回が楽しみ」
「鋸の使い方は、もうマスターしたよ」
「毎年内容が違うので、毎回ワクワクする。」
などなど、リピーターの子ども達から聞かれました。

くり返し五感をフルに活かした森林体験することで、子ども達の中で楽しみながら確実に環境に対する興味関心が根付きつつあることが感じられました。

ご協力くださいました全てのスタッフの皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。

月別アーカイブ
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年3月
2012年8月
2012年3月
2011年10月
* * * * *